Today's PICK UP

リアルタイムに庫内業務の進捗を可視化するアプリが利用拡大へ

株式会社KURANDOは新型コロナウィルスによる厳しい状況下において、変わらずライフラインとして運営されている物流業界のため、同社が提供している庫内作業可視化アプリ「ロジメーター」を2021年3月分まで無償利用を可能とするキャンペーンを実施すると発表した。
・ロジメーターの概要
出典元:プレスリリース
ロジメーターは、倉庫内業務を可視化するアプリ。同アプリは、庫内における作業内容をタブレットに登録することで、リアルタイムでの作業進捗把握が可能となるシステムだ。これにより、作業進捗に応じたレイバーコントロール(作業量に合わせた適切な人員配置)や生産性分析、作業改善につなげることができ、日々の作業生産性が向上する。
出典元:プレスリリース
直観的な操作で利用できるシステムとして開発され、汎用的なPCとタブレットで利用できる。大手3PLを中心に数十の拠点で利用されエリアや取り扱い荷種を選ばず、どの現場でも利用できることも強み。これまで複数の荷主を持つマルチ型の倉庫や、作業人員が50名を超える中〜大規模の現場での採用実績が多いという。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。