Today's PICK UP

リアルタイムに庫内業務の進捗を可視化するアプリが利用拡大へ

株式会社KURANDOは新型コロナウィルスによる厳しい状況下において、変わらずライフラインとして運営されている物流業界のため、同社が提供している庫内作業可視化アプリ「ロジメーター」を2021年3月分まで無償利用を可能とするキャンペーンを実施すると発表した。
・ロジメーターの概要
出典元:プレスリリース
ロジメーターは、倉庫内業務を可視化するアプリ。同アプリは、庫内における作業内容をタブレットに登録することで、リアルタイムでの作業進捗把握が可能となるシステムだ。これにより、作業進捗に応じたレイバーコントロール(作業量に合わせた適切な人員配置)や生産性分析、作業改善につなげることができ、日々の作業生産性が向上する。
出典元:プレスリリース
直観的な操作で利用できるシステムとして開発され、汎用的なPCとタブレットで利用できる。大手3PLを中心に数十の拠点で利用されエリアや取り扱い荷種を選ばず、どの現場でも利用できることも強み。これまで複数の荷主を持つマルチ型の倉庫や、作業人員が50名を超える中〜大規模の現場での採用実績が多いという。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。