Today's PICK UP

アプリゲームユーザーのアプリ利用動向調査が公開

株式会社ゲームエイジ総研は、ゲームアプリをプレイしているユーザーが、ゲーム以外のどのようなアプリを実際に利用しているのかを調査。そのデータからゲーマーのアプリ利用の動向を考察した。

■7割以上のアプリゲームユーザーがYouTubeアプリを利用している

以下は8月17日週のゲームアプリのアクティブユーザー数上位20タイトル。【表①】

この20タイトルが同じ8月17週で利用したゲーム以外のアプリを見ると、最も多いのは「YouTube」で76.6%と、7割以上が利用していることがわかる。

次いで「Twitter」43.9%、「Instagram」36.9%と、約4割程度のSNSアプリの利用が見られた。【グラフ①】
出典元:プレスリリース

■Twitterアプリはゲームタイトルによって利用率に違いがある

ゲームタイトルごとのゲーム以外のアプリの利用を見てみる。

YouTubeの利用率をゲームタイトルごとに見てみると、いずれも利用率は高いことがわかる。最も利用率が高いのは『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』ユーザーで、9割以上が利用している。また、利用率が低いものだと『LINE POP2』ユーザーだが、それでも6割を超える利用となっている。【グラフ②】

次に多かったTwitterでは、ゲームタイトルによって利用率のばらつきが見られる。利用率が高いのは『ディズニー ツイステッドワンダーランド』ユーザーで85.3%、『刀剣乱舞-ONLINE- Pocket』ユーザーで83.9%だった。【グラフ③】

前回の調査結果のように『ディズニー ツイステッドワンダーランド』のユーザー行動からもわかるように、話題性が高くファン同士の交流が積極的なタイトルではTwitterの利用が活発なようだ。一方で、最も利用率が低いのは『LINE POP2』ユーザーで24.8%。YouTubeの利用率は高かった『LINE POP2』ユーザーだが、Twitterの利用はあまり積極的ではないようだ。

また、同じくSNSアプリのInstagramの利用を見ると、Twitterよりも高いのはパズルゲームタイトルとなっていた。

YouTubeは、いずれのタイトルのユーザーでも利用率は高い傾向だが、Twitterはゲームタイトルによって利用の傾向が違っている。
出典元:プレスリリース

■ゲームアプリの利用ユーザー構成でゲーム以外の利用アプリに違い

続いて、21.1%が利用していたスマートニュースのアプリをゲームタイトル別で見てみる。『LINE ポコポコ』『トゥーンブラスト』『LINE POP2』『LINE バブル2』ユーザーでは、2割以上の利用が見られる。【グラフ④-1】

これらのユーザーの年齢構成を見ると、いずれも女性40~50代のユーザー割合が多いアプリゲームであることがわかる。一方で、利用率が低い『Fate/Grand Order』ユーザーは男性20代が多く、『ディズニー ツイステッドワンダーランド』『刀剣乱舞-ONLINE- Pocket』ユーザーは女性10~20代が大きな割合を占めている。【グラフ④-2】

スマートニュースのアプリは主に40代以上の女性ゲーマーの利用が多く、男性や若年層のユーザーが多いタイトルでは利用率は下がることがわかる。
出典元:プレスリリース
また、19.8%が利用をしていたマクドナルドのアプリで2割以上の利用率があるゲームタイトルの年齢構成を見てみると、こちらもユーザーに傾向が見られる。いずれも20~50代の女性がユーザーであるゲームタイトルであることがわかる。【グラフ⑤-1】【グラフ⑤-2】

マクドナルドのアプリはゲームアプリユーザーの中でも、主に子育て世代の女性が多いゲームタイトルで利用者が多いことがわかる。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。