Today's PICK UP

スマートロッカーを用いた配送サービス、南アフリカで実証実験を開始

アンドアフリカ株式会社は、スマートロッカーによる配送サービス「ECD (Easy Collect & Drop)」のヨハネスブルグ (南アフリカ)における実証実験を2020年9月25日(金)より開始したと発表した。

■南アフリカにおけるラストワンマイル物流事業について

アフリカにおけるラストマイル物流の課題解決に貢献すべく、同社はスマートロッカーを用いた配送サービス「ECD (Easy Collect & Drop)」の南アフリカでの提供開始に向け、実証実験を開始。ユーザーは、スマートロッカーを通じて簡易に郵便物の送付、受け取り、保管を行うことができる。

今回、ヨハネスブルグ市内中心部の大型居住エリアに位置するショッピング施設に9月25日(金)よりECDを設置し、実証実験を開始する。また、ヨハネスブルグ市内の大規模集合住宅にも近日中の設置を予定しているという。

利用可能なサービスオプションは以下の通り。
1. 最終目的地への配送:最寄りの集荷先ロッカーを選択、また最終配送先の住所を入力する。集荷用に指定した最寄りのロッカーに荷物を預け入れると、最終配送先の住所まで荷物が運ばれる。
2. ロッカー間での配送:集荷、配送先の2つのロッカーを指定し、集荷用に指定したロッカーに荷物を預け入れると、配送先のロッカーまで荷物が運ばれる。
3. オンライン購入商品の受け取り及び返品:同社提携先ECサイトで商品を購入すると、配送オプションとしてECDを選択することができる。
4. 保管:ロッカーに24時間に荷物を保管することができる。

​EC企業・物流企業は配送効率を上げるとともに再配達コストを最小化でき、最終消費者は簡易かつ安価にP2Pでの荷物の送付・受け取りが可能となる。
出典元:プレスリリース
また、ECDは2021年初旬に南アフリカにおける正式ローンチを予定しており、南アフリカ全土への事業展開を目指す。その後はエジプト、ナイジェリア、ケニア、ガーナへとアフリカ各国への展開を目指すとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気の記事