Today's PICK UP

江崎グリコ、自治体向けオンライン子育て支援サービス「Co育てプログラム」の提供を開始

江崎グリコ株式会社は、家族で共に取り組む育児「Coparenting(コペアレンティング)」社会の実現を目指す「Co(こ)育てPROJECT」の一環として、オンライン子育て支援サービス「Co育てプログラム」を開発、自治体向けに提供を開始すると発表した。本プログラムを通じて、新型コロナウイルスの影響で高まっている子育て世代の不安・孤独感軽減を目指す。

■背景

男女共同参画社会が進み、女性が仕事と家庭の両立を実現するためにも、パートナーとの育児協同は必要不可欠だ。しかし、現状は“ワンオペ育児”に代表される分担差が夫婦間には存在し、また、それに起因するコミュニケーションの悪化が発生しているのも事実だという。さらに、現在新型コロナウイルス感染拡大予防における外出自粛などにより、精神的ストレスや孤独感を感じている子育て世代が増加。ニューノーマル時代に対応する子育て支援・課題解決にはリアルな既存サービスとオンラインでの新しい取り組みの並走が必要と考え、「Co育てプログラム」を開発した。この「Co育てプログラム」の活用により、子育て世代の不安や孤独感を軽減するとともに、子育て環境改善や両親の子育て意識の醸成にむけた支援を行うとのことだ。

■オンライン子育て支援サービス「Co育てプログラム」について

パパママを中心とする家族を対象に、生まれる前から一緒に「Co育て」ができるように考えられた、妊娠中期・後期・出産後の合計3クラスで構成される体験型講座。自治体等で実施されている「両親学級」が「妊娠・分娩の経過と過ごし方」「育児技術」など具体的な知識や実技を中心とした内容が多いのに対し、「Co育てプログラム」は互いの意識のすれ違いを認識し、家族というチーム作りに寄与することを目的に開発。すれ違いが多くなりがちな出産前後の時期に、プログラムを通じて「どうしたらCo育てできるか」を家族で一緒に考えて話し合うことで、子育てへの不安を軽減するとともに、家族で共に取り組む育児「Coparenting」社会の実現を目指す。また、プログラム以外でも、同社のCo育てコミュニケーションアプリ「こぺ」の提供により、夫婦のすれ違いを解消し、継続して「Coparenting」のサポートを行う。なお、今後は自治体に限らず、NPOや企業の子育て支援にも取り組むという。
出典元:プレスリリース
本プログラムの提供方法と内容について
・提供開始日:2020年9月24日(木)

・提供対象:子育てサービスの拡充に関心のある自治体など
※自治体第一号として大阪府寝屋川市への導入が決定。

・運用方法:自治体の保健師を中心に、継続的にプログラムを自治体で運用できるよう下記をサポート。
①「Co育てプログラム」資料、および運用マニュアルの提供。
② 自治体の保健師へ運用方法に関するレクチャー。
③オンライン運用時の初期サポート。

・実施方法:ウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」等を使用(複数家族で同時実施)。

・主なプログラム内容:
<妊娠中期(妊娠5ヵ月-7ヵ月)>
テーマ:Co育てチーム結成!
「どんな子どもになってほしいか」という具体的なイメージをシェアし、親になるという自覚をはぐくみながら、チーム作りをするきっかけを作る。また、「パートナーと育児情報や意識に差があり、すれ違ってしまうこと」を体感し、Co育てする上で、今後の育児について共有したり話し合う必要性を感じさせる講座。

<妊娠後期(妊娠8ヵ月-10ヵ月)>
テーマ:家事育児を考える
「家事・育児の認識に差があり、すれ違ってしまうこと」を夫婦で妊娠期、育児期をイメージしてシミュレーションし、夫婦間で、今後の家事育児シェアについて考えるきっかけをつくる。具体的な家事育児ワークシートを使ってパートナーと話し合いながら、互いが納得できる方法や考え方をつくっていく講座。

<出産後>
テーマ:すれ違いをCo育てで解消
赤ちゃんと一緒に暮らす中でパートナーとのすれ違いを感じがちな時期に、Co育ての要素を使って、うまく乗り越える方法を伝える。実際の子育ての中で出てくる様々な問題を例にして、子どもとの関係性も伝えながらうまく解決する方法などを行う。

人気の記事