Today's PICK UP

座席管理システム、濃厚接触者把握機能の提供を開始

プラス株式会社は、オフィスのデスクをIoT化してホテリングに必要な座席の予約・履歴管理、在席確認・利用データ分析ができる座席管理システム「Suwary(スワリー)」の新型コロナウイルス感染症対策のソリューションとして、オフィス内での濃厚接触者を把握する新機能の提供を2020年9月25日から開始すると発表した。
「Suwary」は、デスクを簡単にIoT化し、予約管理・利用推進ができるサービス。「Suwary」では、1分単位でデスクの利用状況を可視化しているため、罹患者が出た場合、その人が過去にどのデスクを何時から何時まで利用していたか、という情報を簡単に把握することができる。その情報をもとに、管理画面上で感染者から濃厚接触の可能性のある人を抽出する機能を追加。画面上で、抽出&CSVファイルで出力することが可能になった。同じ時間帯にデスクを利用していた人を抽出することで、濃厚接触者の把握を確実にサポートできるという。

■「Suwary」の濃厚接触者把握機能を使用した抽出イメージ

出典元:プレスリリース

■「Suwary」の特長

「Suwary」は、専用デバイスであるシート型ビーコン「PaperBeacon」を利用してデスクをIoT化。スマートフォンやタブレットにダウンロードしたアプリでチェックインし、利用者が確実にその場にいたというエビデンスを取得できることが特長だ。さらに、会議室のような大きな空間だけでなく、デスク1つ1つに対して、利用状況を可視化できる。特に新型コロナウイルス感染症対策として、オフィスの利用とリモートワークを併用している場合、実際に誰がどこにいるのかを確実に把握したいというニーズが高まっており、「Suwary」はその課題を解決できるソリューションを提供するとのことだ。

人気の記事