Today's PICK UP

今年の内定式は「オンライン」が主流?! 内定式に関する企業動向の調査結果が公開

株式会社ヒューマネージは、2021年3月卒予定の大学生、大学院生を対象とした内定式について、企業動向の調査結果を発表した。

■今年の内定式は、「オンライン開催」が主流。

内定式の開催手法を訊ねたところ、「オンライン開催」が約6割を占めた。2021年3月卒予定の新卒採用では、新型コロナウイルスの影響により急速にオンライン化が進んだ。いまだ対策が必要な状況が続くなか、内定式においてもオンライン開催が主流となっている。

内定式の開催方法;
出典元:プレスリリース

■「オンラインかリアル(対面)か」は、企業群により異なる。大手・人気企業群と、中小・ベンチャー企業群では、約20ポイントの差。

企業群別にみると、「大手・人気企業」群では、約7割(70.6%)が「オンライン開催」と回答。一方、「中小・ベンチャー企業」群では、「オンライン開催」が5割を超え(50.6%)最も多いものの、「リアル(対面)開催」も4割以上(43.7%)となっている。大手・人気企業群には、内定者の人数が多い企業が多く、密になることが避けられないため、オンライン開催を選択している。一方、内定者の人数がそれほど多くない中小・ベンチャー企業では、感染防止対策を講じながら、リアルな交流を通じて内定者の入社意欲を高めたい意図がうかがえる。

内定式の開催方法(企業群別);
出典元:プレスリリース
調査概要
内容:2021年卒対象 内定式実施に関する企業動向調査
対象:2021卒向けに採用管理システム「i-web」を利用している企業の中からアンケートに回答した企業
実施期間:2020年9月1日~2020年9月25日
有効回答数:146社

人気の記事