Today's PICK UP

HIS、チャットとビデオ接客を活用した「接客DX」を導入

株式会社エイチ・アイ・エス(以下、HIS)は、株式会社Zeals(以下、ジールス)の接客DX(デジタルトランスフォーメーション)を旅行予約サイトのスマートフォン版に導入すると発表した。
接客DXは、LINEなどチャットサービスをEC領域に活用するチャットコマース(対話型コマース)とリアルの接客を融合したサービス。従来のチャットコマースは、チャットアプリのインターフェースを通じ、顧客の質問にAIが対話しながら、旅行の質問、予約の導入を進めることができるが、個々のきめ細やかな相談に対応するには不向きだったという。接客DXは、このチャット機能に有人対応をシームレスに対応させることで、チャットでの会話で得られたデータを基にパーソナライズ化したコンテンツを配信し、より深くコミュニケーションを図ることが可能になった。
出典元:プレスリリース
①チャットボットによるヒアリングファーストの接客
24時間いつでも気軽に質問できるよう、自由入力だけでなく選択肢による回答も活用。顧客の潜在ニーズやインサイトを引き出すことが出来る。
②深い相談解決・不安払拭を担う有人チャット
きめ細やかな対応をするためAIによる回答だけでなく、人による回答で、より深いパーソナライズされた、固有の悩みを解決する。
③効率的なコミュニケーションをとるビデオ接客
①・②を経て、より深い相談にビデオ接客にて対応する。

これにより、スマートフォンを通じ、リアルタイムで接客することが可能になり、実店舗のような一対一の接客体験をデジタル空間で再現している。また、待ち時間もなく、店舗に足を運ぶ必要もなく、コロナ禍における人との接触を減らすことを考える上で、生活変化にも対応したサービスとなっている。まずは、この仕組みを、主にWEBサイトで自分に合った商品が探せなく、離脱する顧客を中心にサービスを訴求していくとのことだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。