Today's PICK UP

デジタル化推進に関する意見を募集する「デジタル改革アイデアボックス」がオープン

内閣官房デジタル改革担当と株式会社自動処理は、2020年10月9日(金)より、「デジタル庁」設置にあたり、デジタル化推進に関する国民の意見を募集するサイト「デジタル改革アイデアボックス」のベータ版をオープンさせたと発表した。12日(月)12時半現在、1250人を突破し、970を超えるアイディアが寄せられている。15日(金)にはスマートフォンにも対応した正式版がリリースされる予定だという。
インターネット上で国民がアイデアを投稿し、デジタル社会のかたちやデジタル改革の進め方等について議論を行う仕組みとして「デジタル改革アイデアボックス」を急遽開設した。
出典元:プレスリリース
アイデアボックスとは、専門家を含む全ての国民がインターネット上で政策についての意見を投稿できるようにすることで、パブリックコメントのような一方通行の議論ではなく、対話を通じて政策形成を行っていく手法。

実施期間は10月9日から11月6日までを予定している。

意見募集テーマ
1.生活者・事業者の声
2.IT業界の声
3.自治体職員の声
4.省庁職員の声
5.その他

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。