Today's PICK UP

デジタル化推進に関する意見を募集する「デジタル改革アイデアボックス」がオープン

内閣官房デジタル改革担当と株式会社自動処理は、2020年10月9日(金)より、「デジタル庁」設置にあたり、デジタル化推進に関する国民の意見を募集するサイト「デジタル改革アイデアボックス」のベータ版をオープンさせたと発表した。12日(月)12時半現在、1250人を突破し、970を超えるアイディアが寄せられている。15日(金)にはスマートフォンにも対応した正式版がリリースされる予定だという。
インターネット上で国民がアイデアを投稿し、デジタル社会のかたちやデジタル改革の進め方等について議論を行う仕組みとして「デジタル改革アイデアボックス」を急遽開設した。
出典元:プレスリリース
アイデアボックスとは、専門家を含む全ての国民がインターネット上で政策についての意見を投稿できるようにすることで、パブリックコメントのような一方通行の議論ではなく、対話を通じて政策形成を行っていく手法。

実施期間は10月9日から11月6日までを予定している。

意見募集テーマ
1.生活者・事業者の声
2.IT業界の声
3.自治体職員の声
4.省庁職員の声
5.その他

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。