Today's PICK UP

自動運転車両にXR技術を活用し「遠隔観光案内」を実施

凸版印刷株式会社と、TIS株式会社は、2020年10月23日より万博記念公園で実施される自動運転車両を活用した次世代モビリティサービス実証に参画している。本実証において、遠隔コミュニケーションサービス「TeleAttend(テレアテンド)」を活用して、乗客に対しバーチャルキャラクターがリアルタイムで、会話や動きを伴ったガイドを行う対話型の新たな移動体験型サービスを提供する。
凸版印刷オリジナルバーチャルキャラクターである「小石川 彩(こいしかわ あや)」を、自動運転車両に搭載されるパナソニックが開発中の透明ディスプレイに登場させ、遠隔操作することで、車内にガイドがいなくても双方向で対話を楽しみながら、「EXPO'70万博パビリオン跡地」の紹介を行う。乗客は、ディスプレイ越しに透過して見える公園の風景と「小石川 彩」によるガイダンス映像を重ねてみることができる。これにより、景色を楽しみながら、リアルタイムで「EXPO’70パビリオン跡地」の歴史や文化を学ぶ新たな移動体験が可能になる。
出典元:プレスリリース

■背景

2025年大阪・関西万博の開催や統合型リゾート地(IR)として注目される大阪府では、万博記念公園をはじめとした、さまざまな資産を有効活用しようという機運が高まっている。また大阪府では「実証事業都市・大阪」として、自動運転技術やXR技術などの先端技術開発支援に積極的に取り組み、社会実装を目指している。このような中で凸版印刷とTISは、2019年3月から提供している遠隔コミュニケーションサービス「TeleAttend」のバーチャルガイドキャラクターとして「小石川 彩」を起用し、万博記念公園で実施される次世代モビリティサービス実証において、新たな移動体験型サービスとして提供する。
※「小石川彩」は凸版印刷が管理するオリジナルバーチャルキャラクター。

■次世代モビリティサービス実証「(仮称)EXPO オートライド&ガイド」概要

・走行ルート:「パビリオンルート」と「日本庭園ルート」の2ルートがあり、TeleAttend体験は「パビリオンルート」のみ。
「パビリオンルート」は、「EXPO'70万博パビリオン跡地」を巡りながら、2025年万博の未来も垣間見られるタイムマシン型エデュテイメントモビリティルートを担当する。対話型アバターにより、50年間の進歩と調和の変遷を体験できる。
・開催日程:
10月23日(金) 24日(土) 25日(日) 26日(月)
11月13日(金) 14日(土) 15日(日) 16日(月)
・乗車時間:約20分
・乗車方法:実施各日に同日分の整理券を配布予定。

■遠隔コミュニケーションサービス「TeleAttend」の特徴

「TeleAttend」は、XR(AR/VR)技術を活用することで、物理的に遠く離れた別の場所にいる相手と同じ空間を共有しているような体験を提供する。遠隔コミュニケーションやリアル空間とバーチャル空間が融合したアクティビティを可能にするサービス。例えば、観光案内に「TeleAttend」を活用することで、観光客側はAR技術により、現実空間にガイドをキャラクターとして重ねて見ることができる。一方、ガイド側はVR技術により再現されたバーチャル空間で、施設内の状況を把握し、遠隔地から観光客に案内を行うことができる。また、これまでの「TeleAttend」では、屋内での遠隔コミュニケーションを対象としてきたが、今回の次世代モビリティサービス実証において、新たに位置情報連携機能を追加する事で、屋外での遠隔コミュニケーションへの対応も可能になった。

人気の記事