Today's PICK UP

ソフトバンク、「スマートAIカメラ」を提供開始

ソフトバンク株式会社は、店舗やオフィスの警備、不正なレジ操作の早期発見、混雑度や温湿度の管理など、1台で多様な用途に利用可能なIoTカメラ「スマートAIカメラ」の提供を、2020年10月14日から開始すると発表した。
最初の導入企業として、SCSKサービスウェア株式会社が、営業終了後のコールセンターの警備や、営業時間中の温湿度や出勤率の可視化などに、「スマートAIカメラ」を利用することが決まっている。

「スマートAIカメラ」は、動体検知センサーを搭載したIoTカメラ。人の侵入などを検知すると、専用のアプリをインストールしたスマートフォン(スマホ)やパソコンでリアルタイムに通知を受け取ることができる他、管理者画面で事象発生時の映像だけを切り出して確認することができる。音声の入出力にも対応しているため、音声機能を利用することで映像と一緒に音声を確認したり、侵入者の発見時などに管理者画面からカメラを通して注意喚起を行ったりすることができる。また、「スマートAIカメラ」は、POS(販売時点情報管理)システムやドアの開閉センサー、施錠・開錠センサー(スマートロック)、温湿度センサーとの連携が可能だ。そのため、POSシステムに登録されている売上金額とレジの中にある金額が合わないなどの課題を抱える店舗は、レジの操作時の映像だけを抽出して、従業員による窃盗などの有無をスピーディーに確認することが可能だ。また、事前に設定した範囲外の温湿度を検知した場合に通知を受け取って、快適な環境の維持に役立てることができる。

なお、「スマートAIカメラ」は、混雑度の解析にも対応している。今後、飲食店の予約管理システムと「スマートAIカメラ」を連携させ、AIが自動で空席を検知して予約システムに反映する機能も提供する予定で、店舗スタッフの業務効率化と集客に貢献するという。さらに、AIで来店者の性別や年代を推定して飲食店や小売店のマーケティングに活用できる機能や、利用者の動線をヒートマップで可視化して店内のレイアウト変更などに役立てられる機能なども提供する予定とのことだ。

■「スマートAIカメラ」の利用イメージ

人の侵入などを検知すると、スマホやパソコンで通知を受け取ることができる。
出典元:プレスリリース
POSシステムとの連携により、レジの操作時の映像だけを次々に確認できる。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
AIによる混雑度の解析結果をグラフで確認することができる。
出典元:プレスリリース

■「スマートAIカメラ」の外観(イメージ)

出典元:プレスリリース

人気の記事