Today's PICK UP

Googleと東京大学、「AI相利共生未来社会」の実現に向けてパートナーシップを締結

国立大学法人東京大学と Google は 「AI 相利共生未来社会」の実現に向けてパートナーシップを締結したと発表した。
本取り組みでは、共に創造した新しい知をすべての人々と共有し、グローバルな問題を解決することを目的に研究を進めると共に、研究・教育での協力を通じ知の共創による社会貢献と将来を担う次世代人材の育成を目指す。今後2年間に渡るこの取り組みにおいて、両者は以下のような活動で協力する。

研究協力:
Googleが持つAI研究の先端的知見や技術基盤を駆使し、東京大学が持つ幅広く卓越した専門知識や研究力を全学から結集して、多様な社会問題の解決とAIが人と相利共生して生み出す未来社会の実現に向けた協力をする。将来的にはテクノロジーとAIの専門知識が大きく貢献できる自然言語処理等の分野を始めとする領域での共同研究も視野に入れ、様々な分野での協力を予定しているという。

人材育成:
AIを活用した研究を進める上でその原動力となる次世代研究人材の育成は極めて重要だ。学生がキャリアを決定する上で有用な知的刺激を受ける機会や、ネットワーキングのためのプログラムを提供する。これには博士課程の学生向けのフェローシッププログラムやメンタリングセッション、インターンシップ、および国際研究交流プログラム等が含まれる。

リソースとツールの提供:
・AI開発に必須の知識・ノウハウの習得を支援するために、Googleは学生向けのトレーニング資料やコンピューティングリソースの提供を通じ、東京大学のAI/機械学習の教育課程や全学的なプログラミング教育を支援する。
・コンピューターサイエンスの分野でも同様にリソースを提供する他、東京大学の女子学生がコンピューターサイエンスを学ぶ機会拡大のためにキャリアプログラミングのワークショップを開催する。
・東京大学の研究チームが主導する学校教育現場での教員支援ツール開発をGoogleは支援する。これはG Suite for EducationとChromebookを活用し、教室でのグループワークにおいて教師の支援を必要とするグループを検出し、より子どもたちに寄り添った教育の実現を目指すもの。

起業家精神とスタートアップエコシステムの醸成:
複雑な社会問題に取り組み具体的な行動を取る上で、スタートアップは重要な役割を果たす。Googleと東京大学は起業家精神の醸成を目指し、Google for Startupsのメンターシッププログラム等を通じ、未来の起業家たちに様々な学びとネットワーキングの機会を提供する。今月には東京大学卒業生向けの起業支援プログラムである東京大学 FoundX と協力し、成長したスタートアップに勤めるマネージャー向けの無料オンライン集中講座を開催する。

人気の記事