Today's PICK UP

デジタルサイネージに周辺地域のリスク情報のリアルタイム配信をデジタルクルーズが開始

デジタルクルーズ株式会社は、株式会社JX通信社が提供するリスク情報配信サービス「FASTALERT」を通じて、周辺地域の災害・事故・事件などのリスク情報データ提供を開始した。

■周辺地域の災害情報など、”今知りたい地域のリスク情報”を速報で配信

AIを活用してリアルタイムにSNS上から災害情報や事件・事故などのリスク情報を配信している「FASTALERT」のシステムを通じて、現在地周辺に設置・稼働しているデジタルサイネージシステム「admint SIGNAGE」を見る利用者に、最新の様々なリスク情報を届ける。

「FASTALERT」のリアルタイムデータは、これまで公共機関、インフラ企業をはじめとする一般企業、報道機関など幅広い分野でリスク情報を提供していたが、周辺地域のリスク情報をリアルタイムに大型ビジョンやデジタルサイネージにおいて配信するのは「admint SIGNAGE」が初めてとなるという。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。