Today's PICK UP

SHOWROOM、配信者のライバーサポートサービスを開始

SHOWROOM株式会社は、運営する仮想ライブ空間「SHOWROOM」の配信者向けに、2020年11月6日より「SHOWROOMライバーズカレッジ」を提供すると発表した。
SHOWROOMは、「ライブ配信を職業として生きていくこと」または「芸能界で目標を達成すること」を夢として追いかけるすべての人を応援している。「SHOWROOMライバーズカレッジ」は、この支援体制を強化する仕組み。ライブ配信のノウハウ提供はもちろん、希望者には、芸能事務所や音楽レーベルと連携して行うプロデュースやテレビ番組へのキャスティングなどSHOWROOMの強みを活かしたサポートを提供していく。

■「SHOWROOMライバーズカレッジ」とは

SHOWROOM配信者が、よりスキルを伸ばし、ファンを増やすことで、ライブ配信が「職業の選択肢の1つ」として成立するようサポートすることを目的としたサービス。配信者は「カレッジ生」として所属することで、定期的な特別レッスンに無料で参加できるほか、興味のある人はライブ配信以外の芸能活動のサポートも受けることができる。定期的な宣材写真の撮影や、カレッジ生だけが参加できるオーディションの開催、プロデュースチームからのアドバイスなど、一定の条件を満たすことで得られるメリットが多数用意されているという。

「SHOWROOMライバーズカレッジ」所属に伴いかかる費用や基本配信ノルマは一切ない。配信収益のほか、一定条件に応じてインセンティブを受け取れるなど、資金面でも徹底支援を行う。これから配信を始める人はもちろん、すでに事務所や既存オーガナイザーに所属している人でも参加できるプログラムも用意されているとのことだ。

人気の記事