Today's PICK UP

ソニー、AIロボティクス領域での「ドローンプロジェクト」を始動

ソニー株式会社は、AIロボティクス領域における、ドローンの新たなプロジェクトを開始したと発表した。
昨今のドローンの普及は、これまで見ることができなかった映像を届けることや、産業分野における業務効率化や省力化などに大きく寄与してきた。ソニーはイメージング&センシング技術や、リアリティ、リアルタイム、リモートの「3Rテクノロジー」を活用し、ドローンのさらなる発展や最高峰の価値創出に貢献するという志を込め、ブランドを“Airpeak"(エアピーク)と定めたという。

Airpeakは、映像クリエイターの創造力を余すことなく支援し、エンタテインメントのさらなる発展に加え、各種産業においても一層の効率化や省力化に寄与することを目指す。また、これまでドローンの活用が困難だった環境においても最高水準の安全性、信頼性により安心して利用できるよう、プロジェクトを推進していく。

ソニーは今後、プロジェクトに関連する情報を継続的に発信するとともに、Airpeakを体験できr機会を通じてドローンユーザーからフィードバックを得る共創活動を重ね、2021年春の事業開始に向けて準備を進めるとのことだ。

人気の記事