Today's PICK UP

DNP、ECモールの売上拡大を支援するSaaS型サービスを提供

大日本印刷株式会社(以下、DNP)は、EC(電子商取引)データ分析ツールの開発を手掛けるProfitero Ltd.(以下、プロフィテロ社)と提携し、プロフィテロ社のモール型ECサイト(以下、ECモール)の販売データを分析するSaaS(Software as a Service)型プラットフォームのサービスの提供を開始すると発表した。日本のECモールで食品飲料・日用品・エレクトロニクス製品等を販売する企業は、クラウド環境で本サービスを利用することができる。

■DNPとプロフィテロ社の提携について

プロフィテロ社が提供するECモール分析サービスは、世界50カ国の4,000社以上の採用実績があり、アマゾンに代表されるECモールでの、企業の商品売上拡大に貢献している。また、世界8,000以上のECモール情報から、AIモジュールを用いて自社商品と競合商品の価格推移、在庫有無、スポンサー、検索トレンド等の情報をタイムリーに取得し、事業を開始した2010年からの膨大な販売データ等を蓄積している。顧客企業はSaaSモジュールを用いてECデータを多角的に分析することで、自社商品をECモール上の検索ページ上位に表示させる最適なSEO(Search Engine Optimization)戦略の立案、コンバージョン率アップを通した売上拡大を図ることが可能となる。DNPはプロフィテロ社と連携し、これらのサービスを提供するとともに、DNPのEC関連サービスの掛け合わせや商品開発支援等により、顧客企業の売上最大化に向けたサービスを拡大していくとのことだ。

■DNPのEC関連サービスについて

DNPは、リアルとデジタルを横断した様々なサービスで、企業の多様な顧客接点の最適化を支援している。通販事業においては、戦略立案からデジタルデータを利活用したマーケティング施策の実行、高セキュリティー環境下でのECシステム、フルフィルメント(商品の受注から発送に至るまでの業務全般)のアウトソーソングまで一貫したサービスを提供。2020年8月には、自社のECサイトから直接生活者に販売するD2Cの支援サービスを開始した。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。