Today's PICK UP

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」、2000万ダウンロードを突破

厚生労働省は新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のダウンロード件数が、2,000万件に到達した(11月17日17時時点2,001万件)と発表した。
接触確認アプリは、6月19日のリリースより、定期的にバージョンアップを行い、不具合の解消や機能の改善をしてきた。8月初旬から9月中旬にかけて数千件寄せられた障害に関する問合せについてはほぼ無くなり、確認されていた不具合も、そのほとんどが解消されたという。現在は、GOTOキャンペーンを利用する際にインストールを推奨されるなど、感染拡大防止のため、様々な場面において、積極的に活用されているとのことだ。

接触確認アプリは、電話番号や位置情報等の個人情報は利用せず、互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知を受け取ることができる。陽性者との接触通知を受けた場合、症状の有無や接触の心当たりの有無に関わらず、検査につながる保健所等のサポートを早く受けることができる。また、検査を受ける場合は、行政検査として行い検査費用は無料だ。

日本の接触確認アプリ「COCOA」は、GoogleとAppleが提供するプログラムを利用したアプリとしては、他国と比較しても、多くの国民に利用されているという。また、船橋市や浜松市、熊本市など複数の自治体において、接触通知を契機に検査を受診し、陽性が判明した例が確認されている。接触確認アプリは、利用者が増えることにより感染拡大防止の効果が期待されるため、まだ利用していない人も利用するよう、引き続き、周知や利用促進に努めるとのことだ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。