Today's PICK UP

バーチャル空間でイベント開催する「VRイベントソリューション」が提供開始

株式会社アイエンターは、新型コロナウィルス感染症対策が継続するなか、各種リアルイベントの開催が困難な状況を解決するため、バーチャル空間にイベント会場を作り出すサービス「VRイベントソリューション」の提供を2020年12月より開始すると発表した。

■背景・目的

新型コロナウイルス感染症の影響により、テレワークや遠隔授業などwithコロナの新たな生活様式が急速に広がりを見せ、3密を回避するためにソーシャルディスタンスの継続的な確保を求められている。ライブや展示会などのリアルイベントが従来通り開催することが難しい現状があり、バーチャル空間でのイベント・展示会開催への要望の高まりを受け、事業者や地域が安心してイベントに参加できるよう、本サービスを提供するとのことだ。
【サービス概要】
イベント主催者の要望を聞き、各種ソーシャルVRプラットフォームを活用した3D空間のデザイン・制作、VRプラットフォーム向けの各種開発・ライブ映像の配信やコンテンツ企画、 イベントプロモーションなどワンストップでプロデュースする。

【主な機能】
・テキストチャット機能
・ボイスチャット機能
・ウェブカメラ配信機能
・デスクトップ配信(画面共有)機能
・3Dオブジェクト共有機能
・動画共有機能

※参加者側の対応端末はWEBブラウザ(PC、 スマートフォン)、各種VRヘッドセット等となる。
出典元:プレスリリース
イベント計画やイメージを元にバーチャル空間を制作し、 要望に合わせて最適な空間演出や製品配置、必要に応じて特定Webサイトへの遷移など、企画からイベント公開までをワンストップでの支援が可能だ。また、VR空間制作のみの対応も可能。イベント参加者はアバターでバーチャル空間に入場し、ユーザー間でのチャットや音声コミュニケーションをとることも可能だ。

【利用シーンイメージ】
・リアル展示会に代わるオンライン展示会
・ライブイベント
・新商品発表会
・企業説明会

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。