Today's PICK UP

KDDI・茨城交通ら、茨城県日立市で自動運転バスの実証走行を開始へ

茨城交通株式会社、株式会社みちのりホールディングス(以下、みちのりHD)、日立市、茨城県、KDDI株式会社、株式会社KDDI総合研究所、株式会社小糸製作所、コイト電工株式会社、住友電気工業株式会社(以下、住友電工)、パイオニアスマートセンシングイノベーションズ株式会社(以下、PSSI)は、2020年11月30日~21年3月5日の間(12月28日~1月3日は運休)、平日8便/土日祝日6便の自動運転実証走行を実施する。
なお、本事業は、経済産業省・国土交通省の事業を受託した国立研究開発法人産業技術総合研究所より2019年度に「中型自動運転バスによる実証実験」を実施するバス運行事業者に選定され、実施するもの。期間中は誰でも乗車できる(要事前予約)。

■ひたちBRT自動運転:運行ルート/運賃/ダイヤ

*通常のBRTバスも従来どおり運行される。それらに加えて別途、下記の自動運転バスが運行される。
出典元:プレスリリース

■乗車申込方法

*自動運転バスの乗車時は安全確保のため、全員着座にて乗車。乗車する人は以下の流れにて事前に乗車予約が必要。
出典元:プレスリリース

■実証を支える各社の技術

出典元:プレスリリース

■MaaS実装の連携

*本実証と並行して、ひたち圏域(高萩市、日立市、東海村、ひたちなか市)の広域で連携実施する、「ひたち圏域MaaS」の取組と連携し、自動運転バスの乗車券の事前購入(10%引きの特典あり)や、大沼地区のデマンドタクシーとも連動し、将来のネットワーク型の交通サービスの提供を目指す。各種サービスはひたち圏域のモデルアプリから利用できる。
出典元:プレスリリース

■新型コロナウイルス感染症対策について

出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。