Today's PICK UP

Netflix、オプテージと業務提携 個人向け光回線サービスでの新プランを提供開始

株式会社オプテージは、世界最大級のオンライン動画配信サービスNetflixを提供するNetflix合同会社との業務提携を通して、国内外のクリエイターが手がける素晴らしい作品をより多くの顧客へ提供することを目的にサービス提供をすると発表した。
また今回の業務提携により、2021年1月16日から個人向け光回線サービス「eo光ネット」で Netflixを楽しめるおトクな新プラン「eo光ネット10ギガ/5ギガ/1ギガコース Netflixパック」の提供を開始する。

今回の業務提携を通し、関西一円の家庭に展開する高速で安定した通信回線「eo光」と、国内に500万人超、世界に約2億人のメンバーを有するNetflixをおトクに提供し、イエナカ時間のエンターテインメントを充実させる。

Netflix ビジネス・デベロップメント部門 ディレクターの下井昌人氏は「今後オプテージ様との強固な連携を通じて、近畿関西圏におけるより多くのお客さまの暮らしの中でNetflixで配信される国内外の素晴らしい映画やドラマシリーズを楽しんでいただけることを楽しみにしております。今年社会現象にもなった韓国発の『愛の不時着』をはじめ、Netflixでしか観られないオリジナル作品を今後より身近に感じていただけることを期待するとともに、『今際の国のアリス』など、今後独占配信するクオリティの高い作品にもご期待ください。」と述べている。

オプテージ コンシューマ事業推進本部長の福本恵美氏は、今回の業務提携について「高速で安定した通信の"eo"と上質で豊富な作品を提供されている"Netflix"のコラボによって、より快適な視聴体験をお届けできるようになります。これらの体験を通じて、在宅時間における家族の絆やコミュニケーションをさらに良きものにし、家族に新たな笑顔を生み出していきたいと思っております。」と述べている。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。