Today's PICK UP

広島銀行と富士通、タッチレスATMの実証実験を開始

株式会社広島銀行では、新型コロナウイルス感染症拡大防止へ向けた取組みの一環として、富士通株式会社と、同行ATMによるタッチレスATMの実証実験を開始すると発表した。
タッチレスATMは、株式会社アスカネットの光学結像素子「ASKA3D プレート」を使った「空中ディスプレイ」方式と、富士通フロンテック株式会社の「非接触フレーム」方式の二通りの方式を採用する。「空中ディスプレイ」方式および「非接触フレーム」方式を用いたATM取引は、ウィズコロナ時代のニューノーマルとして、画面に直接触れる必要がなく、利用者にとって安心・安全なATM操作を目指したもの。

【実証実験の概要】
出典元:プレスリリース

■「空中ディスプレイ」とは

空中ディスプレイとは、光の反射を利用することで空中に映像を表示させる技術のことをいい、空中結像技術とも言われる。特殊なメガネなどを用いず、肉眼で目の前に映像が浮かび上がる。アスカネットが開発した空中結像を可能にする「ASKA3D プレート」を組み込んだ「空中ディスプレイ」ATMは何もない空中にメニュー画面が表示され、利用者が画面に直接触れることなくATMを操作できる仕組み。

「空中ディスプレイ」ATM外観イメージ
「空中ディスプレイ」ATM画面イメージ
出典元:プレスリリース

■「非接触フレーム」とは

非接触フレームとは、従来のATM操作画面上に、赤外線センサーを搭載した特殊なフレームを取り付けることで、現行のタッチパネルから数センチ離れた状態で画面に触れずにATMの操作を実現する。今回採用する非接触フレームは、指の検知ラインを上下で2段設けており、より精度の高い検知を実現する。利用者はこれまでと同じ自然な指の動きでATMを操作することができる。なお、従来のATM画面へのタッチも有効であるため、操作が難しいという利用者もこれまでどおり安心して利用できるという。

「非接触フレーム」取り付けイメージ
出典元:プレスリリース
2段検知ライン方式
・フレーム内に指が挿入された時、センサーが指を検知することで非接触操作が可能。
・第1検知ラインに加えて第2検知ラインを設けることで、第1検知ラインから指を外さなくても操作が可能。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。