Today's PICK UP

AWS、4つのコンテナに関する新機能を発表

Amazon.com, Inc.の関連会社であるAmazon Web Services, Inc.(AWS)は、「AWS re:Invent」にて、顧客のモダンアプリケーション開発、デプロイ、スケーリングをサポートする4つの新たなコンテナ分野におけるイノベーションを発表した。
コンテナとは、あらゆる環境下でアプリケーションを迅速かつ確実にパッケージ化して実行する開発者向けの標準的な手段であり、リソースを有効活用し、コストを削減できるという。AWSは現在、コンテナアプリケーションのプロビジョニング、デプロイ、管理のさらなる容易化に取り組んでおり、今回、顧客のデータセンター内でAmazon Elastic Container Service(ECS)やAmazon Elastic Kubernetes Service(EKS)の実行を可能にする機能や、コンテナやサーバーレスアプリケーションの開発・デプロイを自動化する新サービスを追加した。さらに開発者に対して、コンテナソフトウェアをパブリックに共有・デプロイするための、容易かつ可用性の高い手段として、新たなコンテナレジストリを提供する。

多くの企業は顧客に対して、単一のマネージドKubernetesコンテナサービスを提供しているが、開発者が変わればニーズの優先順位も変わるため、こうした手法には限界がある。そこでAWSは、オープンソースのKubernetesオーケストレーションエンジンの使用を最も優先する開発者向けには、Amazon EKSを提供している。一方、AWSの他のサービスとの連携やAWSスタイルのAPIの快適性、クラスタの管理、スケジューリング、モニタリング向けの合理化された構成を優先する開発者には、Amazon ECSを提供している。また、サーバーやクラスタのことを考えずにコンテナを実行すること、いわゆるサーバーレスを検討する顧客には、AWS Fargateを提供している。開発者の多様なニーズに応えるため、サーバーレスコンテナサービスや、コンテナサービスの包括的な製品群を提供しているプロバイダーは、AWSのほかにない。顧客が異なるワークロードで上記の3つのコンテナサービスすべてを同時に使用するケースも珍しくなく、いずれのサービスも急速に成長し続けているという。

■Amazon ECS Anywhere、Amazon EKS Anywhere:顧客のデータセンター内でAmazon ECSとAmazon EKSを実行可能に

コンテナ内でのアプリケーションの実行を希望する顧客は、オンプレミスのアプリケーションとクラウドのアプリケーションのデプロイと管理において、それぞれ別のプロセスを経る必要がある。こうした状況では、オンプレミス環境のコンテナオーケストレーションソフトウェアを手動でインストール、運用、管理する必要がある。AWS環境とオンプレミス環境では、異なるツールの使用が求められるため、顧客は、複数の専門領域やスキルセットにおいて、常に最新の知識を備えていることが求められる。これは、運用の負担につながるだけでなく、新しいビジネスにつながる機能の提供のスピードも遅くなってしまう。その代わりに顧客が求めているのは、Amazon ECSやAmazon EKSで使用しているものと同様のモニタリング、クラスタ管理、デプロイのパイプラインを使用して、自社のデータセンターとAWS環境で動作する完全マネージド型のソリューションだ。

・Amazon ECS Anywhere:顧客はAWS環境で利用しているものと同様のクラウドベースの完全マネージド型・高可用のコンテナオーケストレーションサービスを使用し、自社のデータセンター内でAmazon ECSを実行できる。Amazon ECS Anywhereによって、すべてのコンテナベースのアプリケーションで一貫したツールとAPIを利用できると同時に、クラウドと自社データセンターの両方の環境におけるクラスタ管理、ワークロードのスケジューリング、モニタリングにおいて、Amazon ECSと同じ体験を提供する。Amazon ECS Anywhereがあれば、オンプレミス環境での自社のコンテナオーケストレーターの実行、更新、保守が不要となり、コンテナをクラウドに移行し、ハイブリッド環境で管理することが容易になる。Amazon ECS Anywhereは、2021年上半期中の提供開始予定だという。

・Amazon EKS Anywhere:これまでのAmazon EKSと同様の一貫性のある運用により、自社のデータセンターとクラウド環境でKubernetesを実行できるようになる。Amazon EKS Anywhereは、あらゆるインフラストラクチャ(ベアメタル、VMware vSphere、クラウド仮想マシン)に対応しており、顧客には一貫したKubernetes管理ツールを提供する。このツールは、OS、コンテナレジストリ、ログの収集、モニタリング、ネットワーキング、ストレージのデフォルト構成で、クラスタのインストール作業を容易に行えるように最適化されている。Amazon EKS Anywhereは、Amazon EKSで展開されるKubernetesディストリビューションのAmazon EKS Distroを使用している。そのため、顧客は最新のソフトウェアアップデートやセキュリティパッチの拡大など、Amazon EKSのベストプラクティスと一貫性のある形で、クラスタを容易に作成できる。Amazon EKS Anywhereによって、Kubernetesクラスタをオンプレミス環境にインストールし、運用に必要なベンダーサポート契約や各種ツール群をとりまとめる負担を解消する。Amazon EKS Anywhereは、2021年上半期中の提供開始予定とのことだ。

■AWS Proton:コンテナとサーバーレスアプリケーションの開発とデプロイを自動化する開発者向けの新サービス

コンテナとサーバーレスアプリケーションは運用面で確実なメリットをもたらすが、それによって、顧客によるコードの開発やデプロイの方法が変わることにもなる。現在、開発者がAmazon EC2インスタンスで従来型のアプリケーションを構築する場合、アプリケーションが単一ブロックのコードとして構築されるケースが多く、そのためAWS CloudFormationテンプレート(インフラストラクチャのプロビジョニング)、AWS CodePipeline(継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)プロセスの設定)、Amazon CloudWatch(デプロイのモニタリング)など、コードの開発やデプロイをサポートするための実績あるツール群が揃っている。実際のところ、EC2上でアプリケーションをいったん稼働させても、アプリケーションのコンポーネントは特に変わらず、一般的にコードは単一のリリース内で保守されるため、それを調整し続けることは比較的容易な作業だ。一方で、コンテナやサーバーレスアプリケーションは、比較的小規模なコードの塊(チャンク)で組み立てられており、独立して開発・保守し、アプリケーションを構築・拡張する際につなぎ合わせるケースが多くなっている。それぞれのチャンクには、個々のインフラストラクチャが採用されており、更新と保守が必要となる。こうしたチャンクは、別々のチームが開発・運用することが多く、各チームは自由にコンポーネントを更新できることから、従来型のアプリケーションに比べて、より頻繁に変更が発生する。顧客がコンテナとサーバーレスアプリケーションの開発に移行する中で、インフラストラクチャのプロビジョニング、コードのデプロイ、モニタリングツールにおける様々な変更を調整することは困難だ。そのため、顧客はリソースのプロビジョニング、コードのデプロイ、モニタリングなど、あらゆるタスクを一括管理する統合型ソリューションを必要としている。インフラストラクチャチームが開発者へのガイダンスの提供に努め、ベストプラクティスを導入できるよう、自社のカスタムツールを作成するケースもあるが、コンテナとサーバーレスアプリケーションの開発・デプロイの複雑さは、多くの企業でアプリケーションの開発を遅らせるため、課題となっているという。

最新のアプリケーション管理サービスであるAWS Protonは、コンテナやサーバーレスのように、演算単位が小さく動的な場合において、アプリケーションのプロビジョニング、デプロイ、モニタリングをシンプル化する。AWS Protonを使用すると、アプリケーションコンポーネントを「スタック」(アプリケーションで使用されるコードの塊のさまざまな組み合わせ)として定義できる。AWS Protonには、セキュリティ、アーキテクチャ、ツールなど、AWSのベストプラクティスが組み込まれたキュレーション済みのアプリケーションスタックのセットも備えており、インフラストラクチャチームは開発チームに信頼できるスタックを迅速・容易に配布できる。さらに、様々な用途向けのスタックを開発チームに提供でき、これらのスタックは、複数のチームがスタックを同時にデプロイした場合も標準化され、最新状態が維持される。AWS Protonを利用することで、開発者はこのようなアプリケーションスタックを保存、再利用できるほか、コンテナとサーバーレスアプリケーションのデプロイ環境と、開発中のアプリケーションのモニタリング機能、さらにはスタックの最新コンポーネントによってアプリケーションの自動更新もできるようになる。またAWS Protonは、コンテナとサーバーレスアプリケーション向けのコード、CI/CDパイプライン、モニタリングなどのインフラストラクチャのデプロイを自動化する。インフラストラクチャチームはAWS Protonを利用することで、アプリケーションの開発プロセスを手動で管理することなく、一貫した方法でサーバーレス/コンテナ技術を自社のアプリケーションに使用できる環境を、開発者に提供できるようになる。AWS Protonは現在、プレビュー版を提供中だ。

■Amazon Elastic Container Registry Public(Amazon ECR Public):コンテナソフトウェアをパブリックに共有・デプロイ可能に

コンテナベースのアプリケーションを構築する開発者の多くは、OS、データベース、アプリケーションコンポーネントなど、コンテナイメージとしてパブリックに配布されている共通のソフトウェアパッケージを活用している。開発者は、Amazon ECRなどのコンテナレジストリサービスを使用し、コンテナイメージを社内用に管理している。現在、Amazon ECRを活用する顧客は、毎週30億個以上のイメージをダウンロードしており、これにより開発者は、自社のアプリケーションで使用するためのコンテナをデプロイできる。しかし、開発者が言語ライブラリ、Webサーバー、データベースなど、人気のソフトウェアをイメージとしてパブリックに配布したい場合、現状ではAmazon ECRからこれらをダウンロードすることはできない。その代わりに、Docker Hubのような、パブリックなWebサイトやレジストリからイメージをダウンロードする必要があるが、匿名ユーザーや無料プランではイメージをプルする際のスピードが制限されるため、可用性が保証されず、結果として非効率的で信頼性の低いソフトウェアデリバリーになる。こうした依存状態を回避するため、開発者はこれらの共通イメージをローカルに複製して管理することが必要となるが、最新バージョンのイメージとの同期状態を維持することは難しく、運用の複雑さが増すとともに、アプリケーションの迅速なスケーリングも制限される。複数のリージョンでパブリックイメージからコンテナを実行するAWSの顧客は、イベントのログ管理やネットワークポリシーの管理にあたり、ローカルイメージのコピーをそれぞれのリージョンに複製する必要があるが、そのプロセスで求められる迅速かつ確実なイメージのダウンロードが課題となっている。

こうした課題を解決できるよう、Amazon ECRでは、開発者がコンテナイメージを保存、管理、共有、デプロイするためのパブリックレジストリを追加しており、これによって誰でも検索・ダウンロードが可能となる。顧客はAmazon ECR Publicを使用することで、プライベートとパブリック、両方のコンテナイメージをホストでき、パブリックなWebサイトやレジスタの使用が不要になる。今後は、自社のコンテナレポジトリを運用することも、基本インフラストラクチャの拡張を気にする必要もなく、1度のコマンドでパブリックコンテナイメージを迅速に公開できる。これらのイメージは、地理的に複製されており、世界中で高信頼の可用性を実現しており、ダウンロードの高速化によって、イメージをオンデマンドで迅速に提供できる。Amazon ECR Publicは、可用性の高いサービスであり、顧客はパブリックコンテナイメージのほか、あらゆる開発者が利用可能なポリシー構成など、関連ファイルを配布できる。さらに、「Amazon ECR Public Gallery」と呼ばれる新たなWebサイトにより、誰でもパブリックコンテナイメージを閲覧・検索し、開発者の提供した詳細情報やプルコマンドを見ることができる。その際、AWSへのサインインは不要。Amazon ECR Publicは、パブリックイメージの最新バージョンを公開した際に、顧客へ通知する。Amazon ECR Publicは、現在提供中だ。

AWSのコンピュートサービス担当バイスプレジデントであるディーパック・シン(Deepak Singh)氏は、次のように述べている。「移植性の向上、リソースの効率利用、コスト削減のため、お客様はコンテナ内でのワークロードの実行を望まれますが、こうした大きな優位性があるにも関わらず、AWSには、コンテナの管理、デプロイ、共有の容易化に関するご要望が寄せられています。このたび発表したイノベーションは、クラウドとお客様のデータセンター内でAmazon ECSとAmazon EKSの一貫したエクスペリエンスをお届けすることで、業界をリードするAWSのコンテナ機能をさらに拡大しています。これによって、コンテナとサーバーレスアプリケーションの開発・デプロイは大幅にシンプルになり、コンテナイメージをより簡単に保存、管理、共有できる、完全マネージド型のコンテナレジストリを提供します。」

フォルクスワーゲングループ(The Volkswagen Group)は、乗用車のフォルクスワーゲン、アウディ、ベントレー、ブガッティ、ランボルギーニ、ポルシェ、バイクのドゥカティを含む、世界を代表する12の自動車ブランドを製造している。同グループには、小型商用車、トラック、バスの大手メーカーであるトレイトンも含まれる。Volkswagen AGのグループソフトウェア開発担当責任者であるピーター・ガルザレラ(Peter Garzarella)氏は、次のように述べている。「当社は自社のソフトウェア開発チームが、インフラストラクチャのアーキテクチャやコンプライアンスを特に気にすることなく、ビジネス上の課題を解決する環境が必要です。今回のAWS Protonによって、ボタンを押すだけで、コンプライアンスに準拠し、進化を続ける使いやすいクラウドインフラストラクチャを社内チームに提供できます。」

人気記事

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織開発・D&I推進等と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、これからの時代のキャリアと学びについて意見を交わしました。 前半は秋田氏のこれまでの経歴、アメリカのビジネススクールでのエピソード、みずほに入社を決めた理由などをうかがいます。

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

イメージする香りはあるけれど、その通りの香水をなかなか見つけられない。「甘口」「辛口」だけでは、自分好みの日本酒を選べない。セントマティック社が開発する「KAORIUM(カオリウム)」は、香りや風味を言語化することで、そんな悩みを解消してくれる最先端のAIシステムです。今回お話を伺ったのは、同社の代表取締役である栗栖俊治氏。なぜ香りの分野に注目したのか。ビジネスとしての香り市場の秘めたるポテンシャルとは。KAORIUMの活用で広がる可能性とは何か。世界も注目するその取り組みに迫ります。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

プロンプトエンジニアという言葉をご存知でしょうか。英語圏では2021年頃から盛り上がりを見せている職種の一つで、中国でも2022年の夏頃からプロンプトエンジニアの講座が人気を呼んでいます。今回は、プロンプトエンジニアとは何か、どうトレーニングすればよいのかについて、日本国内でプロンプトエンジニアの採用と教育を実施している株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏に解説していただきました。

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、企業に求められるダイバーシティとエクイティ、ジェンダー問題について意見を交わしました。 後編は秋田氏がグループCPOとして手がけてきた施策、みずほフィナンシャルグループが考えるダイバーシティとエクイティ、これからの企業と従業員の関係性についてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

AIによりヒットソングの特徴をふまえたオリジナル楽曲を作成するサービス「FIMMIGRM(フィミグラム)」。AIによる作曲サービスが盛り上がりを見せつつある昨今、音楽プロデューサーとしてYUKIや中島美嘉、Aimerなどのアーティストを手がけてきた玉井健二氏が開発に携わっていることで、大きな話題を呼んでいます。 FIMMIGRMの利用方法は、大量に自動生成された曲から好みの曲をジャンルごとに選択するGENRES(ジャンル)、ワンクリックでAIが曲を生成する ONE-CLICK GENERATE(トラック生成)、ユーザーの自作曲をもとにAIが曲を生成するGENERATE(トラック生成)、AIが生成した曲にプロの編曲家が手を加えるPRO-ARRANGED(プロアレンジ)の4パターン。AIにより専門知識不要で誰もが作曲できるようになる未来が間近に迫った今、音楽業界はどのように変化するのか? 株式会社TMIKと音楽クリエイター集団agehaspringsの代表を務める玉井健二氏にお話を伺いました。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。