Today's PICK UP

Shopify、ブラックフライデー・サイバーマンデーで流通総額が約5,340億円を突破

「Shopify(ショッピファイ)」を展開する日本法人Shopify Japan株式会社 (以下、Shopify) は、2020年11月27日(金)から30日(月)までに開催された「ブラックフライデー・サイバーマンデー(以下、BFCM)」セールにて、Shopify事業者(マーチャント)の総流通総額が51億ドル(約5,340億円)以上となり、前年比76%増を達成したと発表した。

■2020年BFCM:全世界のデータ

・2019年比50%増の 4,400万人以上の消費者がShopifyを利用した独立系ブランドや消費者直販ブランドから購入。
・BFCM期間中、最高売上を記録したのは27日(金)の12:00 PM(EST)で、1時間に1億200万ドル超(約106.6億円)を達成。
・BFCM期間中の1件あたりの平均購入額は89.20ドル(約9,300円)。国別では日本(106.40ドル; 約11,090円)とオーストラリア(105.50ドル; 約11,000円)で平均購入額が最も高く、カナダ(103.00ドル)、米国(92.80ドル)などを上回った。
・最も流通総額の高かった都市は、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドンで、国別ではアメリカ、イギリス、カナダが上位を占めた。
・日本(347%増)を筆頭にイタリア(211%増)、ドイツ(189%増)、イギリス(122%増)では、前年と比べて売上が3桁の成長を記録した。
・商品カテゴリーでは、アパレルとアクセサリーの売上が最も高く、健康や美容、ホームやガーデニングが続いて高かった。

■2020年BFCM:日本のデータ

・日本で売上の多かった地域順:東京都、大阪府、静岡県
・日本のカート平均価格:11,090円
※前年の平均10,227円から増加し、全世界の89.20 米ドル(約9,300円)超
・最も流通総額の多かった時間帯:7:00 PM(JST)
・日本の消費者がShopify事業者(マーチャント)から購入した割合:260%増
・日本でのサイト平均滞在時間:約25分
Shopify事業者(マーチャント)のBFCM期間中の売上は、11月28日(土)5:00 PM(EST)の開始わずか2日間で前年の4日間の合計である29億ドル(約3,000億円)を突破し、中小企業や自営業の小売業界の回復力を示している。特に、1件あたりの平均購入額をみると、日本の消費者はBFCM発祥の地である米国の92.80ドル(約9,300円)を大きく上回り、106.40ドル(約11,090円)と世界1位の消費額を叩き出している。また、前年に比べ、日本のShopify事業者(マーチャント)の売上高は347%増であり、日本の消費者がShopifyを利用する事業者(オンラインストア)から購入する割合も260%増加した。これは、消費者が購入を通じて国内の事業者を応援していることがうかがえるという。

ShopifyのPresidentであるハーリー・フィンケルシュティン氏は次のように述べている。
「今年は小売業界にとって世界的に変革の年となりました。ShopifyのBFCM期間中の記録的な売上は、我々のプラットフォームに出店しD2Cで販売する多くの小売業の底力の表れです。小売の主戦場が実店舗からオンラインにシフトする中で、新型コロナウイルス感染症は奇しくも我々が長らく待ち望んだ変革を加速させました。このマルチチャネルでの購買現象は、小売業が目指すべき将来的な目標あり、我々にとってこれ以上喜ばしいことはありません。」

また、Shopify Japanのカントリーマネージャーであるマーク・ワング氏は次のように述べている。
「Shopifyが日本に拠点を開いて約3年が経過しましたが、年々ブラックフライデー・サイバーマンデーが浸透し、大きな盛り上がりを見せていることに驚きを感じています。今回の真のチャンピオンは、日本にて本セールイベントおよびムーブメントに参加している多くのShopify事業者(マーチャント)です。日本の消費者による1件あたりの平均購入額が世界平均を上回っていることは、日本の事業者の回復力を示しており、非常に喜ばしく思います。この消費行動がいち早い回復につながる兆しだと考えています。」

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。