Today's PICK UP

「クラウドファンディングカオスマップ 2020年版」が公開

投資情報サイト「Crowd Cross」を運営するネクストライフは、国内のクラウドファンディングサイト53サイトを「購入型」「不動産投資型」「融資型」「株式投資型」の4ジャンルに分類したカオスマップを公開した。
金銭的な支援と引き換えに商品やサービス、コンテンツの提供が受けられる「クラウドファンディング」は市井にも普及し、多くの人に利用されるサービスになっている。一方でコンテンツなど「モノ」の提供が受けられるクラウドファンディングだけではなく、最近では「金銭」の形でリターンを得られるクラウドファンディングサービスも増加している。そこで、Crowd Crossでは各ジャンルのクラウドファンディングサイトを網羅したカオスマップを作成したとのことだ。
出典元:プレスリリース

■購入型クラウドファンディングとは

購入型クラウドファンディングとは、投資家から金銭的な支援を受けた企業が、新商品の開発やサービス、また映像作品などのコンテンツをリターンとして支援者に提供するクラウドファンディングサイトのことを指す。代表的なサイトとしてはCAMPFIRE、Makuakeなどがある。

■不動産投資型クラウドファンディングとは

不動産投資型クラウドファンディングでは、不動産特定共同事業法に則り、不動産会社が投資家から資金を集める。そしてその資金をもとに不動産を購入し、不動産の運用益を投資家に配当する、クラウドファンディングを利用した投資サービスとなっている。代表的なサイトとしてはCREAL、Rimpleがあげられる。

■融資型クラウドファンディングとは

融資型クラウドファンディングは、別名ソーシャルレンディングとも呼ばれる。投資家から少額ずつ資金を集め、その資金を貸金業法に則り事業資金を必要とする会社に融資する。融資の際に設定した金利による収入を投資家に配当する投資サービスだ。代表的なサイトとしては SBI ソーシャルレンディング、クラウドバンクがあげられる。

■株式投資型クラウドファンディングとは

株式投資型クラウドファンディングとは、上場前のベンチャー企業の株を、クラウドファンディングサイトを通じて購入できるサービス。投資家は株を購入した企業が上場に成功した際に、売買益を期待できる。また、ベンチャー企業は株式投資型クラウドファンディングを利用して、資金調達できるメリットがある。代表的なサイトとしてはFUNDINNO、UNICORNがある。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。