Today's PICK UP

ソフトバンク、AIと骨格推定技術を活用したスポーツコーチングプラットフォームの実証実験を開始

ソフトバンク株式会社は、5G(第5世代移動通信システム)時代にふさわしいスポーツコーチングプラットフォームの商用化に向けて、骨格推定技術とAI(人工知能)を用いた実証実験を2020年11月に開始したと発表した。AIコーチングのロジック構築は、国立大学法人鹿屋体育大学が協力しているという。
今回の実証実験では、骨格推定技術を活用した専用アプリ「コーチングAIカメラ」の利用や、映像解析AI「AIコーチング」によるアドバイスが、スポーツ技術向上に寄与できるのかを検証する。「コーチングAIカメラ」には、利用者とプロ選手のフォームのマッチ度がスコア化される「プロ真似カメラ」と、利用者と上手な選手の骨格の動きを比較できる「くらべるカメラ」の二つの機能がある。「プロ真似カメラ」で比較ができるプロ選手は、福岡ソフトバンクホークスの選手や、B.LEAGUE所属のプロバスケットボール選手などを予定しているという。「AIコーチング」は、バッティングフォームの映像をAIが解析し、改善のためのアドバイスをする。
コーチングAIカメラ
・プロ真似カメラ
利用者のバッティングフォームやシュートフォームを撮影すると、骨格推定技術を用いた比較分析により、プロスポーツ選手とどのくらい似ているかがスコア化される。
(野球/バスケットボール)
・くらべるカメラ
先輩やその他上手な選手を撮影し、その後利用者のフォームを撮影すると、骨格推定技術により動作の異なる部分が赤く表示される。
(全種目)

AIコーチング
バッティングフォームの映像をAIが解析して改善点をアドバイスする。
(野球)
ソフトバンクは、社会貢献活動の重点領域の一つとして、ICT(情報通信技術)を活用した次世代育成支援に取り組んでおり、人型ロボット「Pepper」を使った小・中学生向けプログラミング教育の提供や、オンラインレッスンサービス「スマートコーチ」を活用した体育の授業や部活動の支援を行っている。今回の取り組みでは、部活動や地域のスポーツクラブにおける指導者不足という社会課題の解決や、スポーツ技術向上を目指す全ての人の技術向上をサポートすることを目指すという。商用化に当たっては、5G時代ならではの臨場感溢れる視聴体験を実現する“ソフトバンク”のコンテンツ配信サービス「5G LAB」での展開を予定しているとのことだ。

■実証実験の概要

1. 期間
2020年11月~2021年3月31日

2. 協力・参加団体
スポーツ科学の視点に基づいたアドバイスの提供:鹿屋体育大学
専用アプリの検証:福岡ソフトバンクホークス、シーホース三河U15
気仙沼市教育委員会、徳之島町・徳之島町教育委員会、鹿屋体育大学、九州産業大学、仙台大学、石巻専修大学、他

実証実験のイメージ
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。