Today's PICK UP

ANA、マイルが貯まるキャッシュレス決済サービス「ANA Pay」の提供を開始

ANAは、2020年12月10日よりモバイルペイメントサービス「ANA Pay」の提供を開始すると発表した。
「ANA Pay」は、ANAマイレージクラブアプリを持つANAマイレージクラブ会員でJCBブランドのクレジットカードを持つ人であれば誰でも利用できるモバイルペイメントサービス。ANAカードに続き、ANAグループが提供する新たな決済サービスで、キャッシュレス決済サービスの多様化や顧客ニーズの高まりに応えるとのことだ。
出典元:プレスリリース

■「ANA Pay」概要

・利用方法
1. ANAマイレージクラブANAマイレージクラブアプリをダウンロード・新規登録/ログイン
2. ANAマイレージクラブANAマイレージクラブアプリ内のANA Payを選択し、ANA Pay利用登録
3. 残高チャージ(クレジットカードによるチャージ)
4. Smart Code加盟店でQRコードを表示し決済

・利用可能店舗
全国のSmart Code加盟店blankで利用できる。
【空港での利用可能店舗】
全国の空港売店「ANA FESTA」で利用できる。
空港免税店「ANA DUTY FREE SHOP」においても順次利用できるようになる予定。

・対象ブランド
JCB

・上限金額
チャージ、残高上限:100,000円(1回)
利用上限:50,000円(1回)

■「ANA Pay」の特徴

本サービス最大の特徴は、決済金額に応じてマイルが貯まる点だ。ANAJCBカードを持つ場合、「ANA Pay」のチャージ方法にANA JCBカードを登録すると、決済時に加えてチャージ金額に応じて更にマイルが貯まる。

【特典概要】
出典元:プレスリリース

■「ANA Payマイルプラス」

ANAPay特約提携加盟店にて会計時、ANAPayで支払うと、ANA Pay決済で得られるマイル(200円=1マイル)とは別に、決済額に応じたマイル(例:200円=1マイル)が自動的に積算される「ANA Payマイルプラス」も開始する。

【特典概要 (ANA Pay特約提携加盟店にて決済時) 】
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。