Today's PICK UP

アクセラレーター「Code Republic」、第9期募集を開始

ヤフー株式会社のコーポレートベンチャーキャピタルであるYJキャピタルと、East Venturesが共同運営するアクセラレーターCode Republicは、第9期参加企業の募集を開始すると発表した。
Code Republicは、起業志望・起業初期の人を対象に創業資金700万円、毎週のメンタリング、各種勉強会を開催する4カ月間のアクセラレータープログラム。Code RepublicではシリーズA達成率100%を目標として、スタートアップが最短でPMFを達成できる環境を提供している。
出典元:プレスリリース

■プログラム詳細

プログラム開始時点に創業資金700万円を提供、毎週のキャピタリストのメンタリング、隔週のゲストアドバイザーを招いた勉強会を中心にアイデアの仮説検証を繰り返し、プログラムの最後は投資家を招いたデモデイを開催、追加資金調達を目指す。
出典元:プレスリリース
1.初回投資
創業資金700万円のシード投資を行う。事業成長に応じてYJキャピタル・East Venturesの双方よりフォローオン投資を実行する。

2.週次メンタリング
事業進捗に対して、YJキャピタル・East Venturesのキャピタリスト及び起業家同士でのフィードバックを行う。起業時に陥りやすい失敗を防ぎ、最短での事業成長を後押しする。

3.月次発表
YJキャピタル代表取締役 堀新一郎氏、East Venturesマネージングパートナー 衛藤バタラ氏、East Venturesパートナー金子剛士氏をはじめCode Republicのアドバイザーに対して、事業進捗を発表、フィードバックにより事業の精度を高めていく。

4.勉強会
隔週でVCや各領域の専門家を招いての勉強会を開催する。勉強会では様々な専門知識を習得すると共にCode Republicの卒業企業との交流により、起業家同士の繋がりを構築することができる。

5.デモデイ
プログラムの最後は投資家70名強を招いたデモデイを開催する。各投資家からのフィードバックと共に次回調達のための関係構築を行う。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。