Today's PICK UP

「インサイドセールス業界レポート 2020」が公開

スマートキャンプ株式会社は、2019年に続きインサイドセールス業界の動向をまとめた『インサイドセールス業界レポート2020』を公開した。

■『インサイドセールス業界レポート』とは

『インサイドセールス業界レポート』は、インサイドセールスの普及・発展を目的に、インサイドセールスの定義や市場動向、トレンド、インサイドセールス導入企業へのアンケート結果などをまとめた調査レポート。昨年第1刊を公開し、多くの反響があったため、2020年も第2刊を公開するとのことだ。無料で公開されるが、『BOXIL SaaS』への会員登録が必要。

こちらから会員登録後、ダウンロードができる。

■『インサイドセールス業界レポート2020』概要

インサイドセールスとは見込顧客の獲得・育成・商談化・契約の獲得を内勤で行うセールス手法のことを差す。新型コロナウィルスの感染拡大を背景に、2020年3月頃からテレワークの導入が進み、インサイドセールスへの注目が高まったことで、ここ1年で導入を進める企業が増加しているという。その他、インサイドセールス業界における7つのトレンドや、インサイドセールス導入企業374社へ実施したアンケート調査結果をもとに各社の取り組み状況をまとめている。

『インサイドセールス業界レポート2020』のコンテンツ
01 インサイドセールスとは
02 数字で見るインサイドセールス市場
03 インサイドセールス支援サービスの種類・カオスマップ
04 インサイドセールスのトレンド
05 インサイドセールス導入企業へのアンケート調査

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。