Today's PICK UP

ゼンリン、時空間データベースを活用したAPIの提供を開始

株式会社ゼンリンは、時空間データベースを最大限に活用したAPI、「ZENRIN Maps API」の提供を2020年12月15日(火)より開始すると発表した。
「ZENRIN Maps API」は、道路地図から住宅地図までの地図情報と、それに付随する豊富な属性情報を一気通貫で提供するAPI。ゼンリンは本APIを通して、企業が保有する様々な情報の利用価値を更に高めるソリューションの実現を目指す。

■開発の背景

各産業においてクラウドファーストが浸透し、AI・IoTといった要素技術と結び付け、DXの実現を目指す取り組みが加速している中で、地図情報を活用したビッグデータの可視化や正規化、移動や配送ルートの最適化など、業務活用へのニーズが高まっている。ゼンリンは「ZENRIN Maps API」の各種機能を組み合わせる事で、各産業における業務効率化・高度化に向けた様々なソリューションを展開していくという。

■ZENRIN Maps APIの特徴

(1)多種多様な空間情報を搭載した地図基盤
過去から現在における建物属性情報・施設情報・各種統計データなどを、地図基盤に搭載。様々なコンテンツ表示や検索機能、過去情報等を活用し、地域の変遷を捉える事で、対象エリアの状況把握に活用できる。
(2)位置情報の正規化
ゼンリンの保有する「過去住所」・「地番情報」・「建物名称」等のコンテンツを活用し、顧客の保有する住所情報を正しい住所に変換することで、最新且つ精度の高い位置情報を提供する。
(3)ゼンリン独自IDによる検索機能
現実世界の建物やテナントなどに独自ID(ZID)を付与し、時系列で管理。これにより、建物の生成や消滅といった変化情報の、時間軸に沿った把握が可能になる。

■「ZENRIN Maps API」提供機能について

地図描画、検索機能に加え、ゼンリンの地理空間情報を最大限に活用した機能を実装している。
出典元:プレスリリース

■活用事例…データマネジメント業務向けソリューション

「ZENRIN Maps API」の機能群を組み合わせ、住所情報をクレンジングし、ゼンリン独自のIDを付与することで、企業が保有する様々なデータの可視化や、分析に”使える”データへの変化をサポートする。様々な変化情報を把握できるほか、データのメンテナンスにも有効。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。