Today's PICK UP

AI・IoT技術で来客者に応じてコンテンツを変える「デジタルサイネージ」の実証実験が「MEGAドン・キホーテ渋谷本店」で開始

株式会社TANA-Xは、株式会社リコーと共同開発を手掛けた、来店客に合わせたデジタル販促コンテンツ配信システム「コネクテッドシェルフ」(Connected Shelf)を総合ディスカウントストア「MEGAドン・キホーテ渋谷本店」に設置し、2020年12月19日から6ヵ月間の実証実験を開始したと発表した。

■「コネクテッドシェルフ」実証実験の背景と概要

新型コロナウイルスの影響下で買い物環境が急激に変化しており、スタッフと来店者との接触低減する工夫が店舗運営に必須となっている。このことが、小売流通およびメーカー各社のDX(デジタルトランスフォーメーション)対応を強力に後押ししている状況だ。また、ネット通販が拡大する中で、実店舗の役割として”新しい発見”をもたらす「体験型店舗」としての価値を提供することが求められてきている。

「コネクテッドシェルフ」は、複数のシェルフ・サイネージを、IoTセンサやAIで統合制御し、来客属性に合わせて最適なデジタル販促コンテンツの配信を可能にするシステム。複数サイネージを1つの画面として使ったダイナミックな映像プロモーション(シンクロ・モード)により、遠距離からでも来店客に訴求できるマグネット効果や、棚前状況・来店客に合わせたコンテンツ自動表示で、購買意欲の喚起に貢献する。販売員の対面接客をサイネージで代替でき、ウイルス感染リスクの軽減も期待される。
出典元:プレスリリース

■「コネクテッドシェルフ」の特長

・ ダイナミックな売り場演出と、来店客に合わせたコンテンツ自動表示
同システムは、商品棚に設置されたシェルフ・サイネージなどの複数の画面を1つの画面としてコンテンツを表示する「シンクロ・モード」を標準搭載し、単なるデジタルプライスタグを超えた、ダイナミックな売り場演出を実現。カメラやセンサモジュール、タブレットと連動し、来店客の購買行動や棚前での滞留情報などの取得データに基づき、来店客に最適な販促コンテンツを出し分けることが可能だ。手に取った商品やタブレット操作に合わせたコンテンツ表示で、来店客に“新たな買い物体験”を提供する。

・取得データに対応したきめ細かなコンテンツ配信もCMSで統合管理
デジタルサイネージ事業を手掛けるリコーが、クラウド型サイネージ配信サービス「RICOH Digital Signage(リコーデジタルサイネージ)」をベースに、カメラとAIを使った画像認識によるインタラクティブな販促コンテンツ切り替えや、複数のセットトップボックス(映像受信機器)の同期などを統合的に管理するCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)といったシェルフ型サイネージ向け機能を開発・提供している。専用のCMSにより、コンテンツの一元管理機能に加え、センサモジュールで取得したデータを活用したインタラクティブなコンテンツ出し分け配信機能もCMSに統合している。地域・店舗別・時間でデータに基づいたコンテンツ配信を行うことができる。

・TANA-Xの「プロデュース力」とリコーの「テクノロジー」で、メーカー・小売連動のプロモーションを実現
セールスプロモーション事業で長年、数多くのメーカー各社の販売促進を手掛けてきたTANA-Xの経験とノウハウに基づく「プロデュース力」と、リコーのデジタルサイネージ事業での豊富な知見に基づく「テクノロジー」のジョイントによって、商品特性と店舗環境に適したプロモーション施策とシステム構成を提案。メーカーと小売流通店舗をつないだ、“新しい価値”を生む店頭プロモーションを提供する。
出典元:プレスリリース

人気の記事