Today's PICK UP

新生銀行とWeWork Japanが業務提携 WeWork内に銀行無人拠点を設置

株式会社新生銀行とWeWork Japan合同会社は、ニューノーマル時代の新しいビジネスモデル構築に向け、業務提携に関する合意書を締結のうえ、協業を行っていくと発表した。

■WeWork東京スクエアガーデン内への銀行無人拠点「新生サテライトラウンジ」の開設について

2021年1月5日にWeWork東京スクエアガーデン内に、新生銀行の個人の顧客を対象とする、新生銀行の新しいタイプのチャネルである銀行無人拠点「新生サテライトラウンジ」第1号拠点を開設する。新生サテライトラウンジとは、WeWork内などに設置している新生銀行専用の個室ブースにおいて、顧客がビデオ端末を通じ、資産運用などについてスタッフとリモートで相談できる無人拠点だ。

WeWork Japan内での、銀行無人拠点の設置は初めての取り組みだという。新生サテライトラウンジは、新生銀行のオンラインシステムを通じて予約を行ったのち、利用することができる。また、WeWorkのコミュニティチームによるサポートや、共用エリアの一部サービスを利用することができ、顧客はニューノーマル時代のサービスや働き方を体験できる環境となっているとのことだ。
出典元:プレスリリース
新生サテライトラウンジにおいて提供するサービスは、当面は資産運用などに関する相談業務が主となるが、今後は新生銀行のリモート事務手続きサービスを活用した口座開設・届出情報の変更・振込など口座に関わる各種手続きや取引まで実現できる環境を整備していくという。

■新生銀行グループによるWeWorkのサテライト活用について

現在、新生銀行グループは、社員一人ひとりにあった働き方の選択肢を提供する取り組み「働き方リ・デザイン」を推進している。その一環として、サテライトオフィスの拡充を図っており、2021年1月以降、「WeWork渋谷スクランブルスクエア」を新たにサテライトオフィスとして活用する予定だ。

WeWork Japanは、ニューノーマル時代における、企業のオフィス戦略のパートナーとして、柔軟かつ迅速なサテライトオフィス開設を可能にするプランを提供している。新生銀行グループにおいても、安全性の高い、設備が整った環境でのテレワーク推進を実現し、従業員が働く場所の選択肢を提供することで、生産性の向上を支援するとのことだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。