Today's PICK UP

楽天、三重県志摩市の離島で自動飛行ドローンによる配送サービスを提供開始

楽天株式会社は、三重県志摩市の離島、間崎島において、自動飛行ドローンによる配送サービスを、2021年1月6日から1月22日まで、期間限定で提供すると発表した。
本サービスでは、同市内のスーパーマーケット「マックスバリュ鵜方店」から、本土より約4km離れた広さ0.36㎢の間崎島にある「間崎島開発総合センター(以下、同センター)」まで、往復約11km間を自動制御により目視外飛行(レベル3飛行)し、商品を配送する。また、新型コロナウイルス感染症対策として、できる限り人を介さないサービスとしている。

具体的には、注文手段として、自身でダウンロードする専用スマートフォンアプリもしくは同センターに設置するタブレットでの注文に加え、カタログを見て注文用紙を同センターにて自身で専用スキャナにより読み取り店舗に送信する方式、注文用紙を同センター閉館時にはポスト投函する方式が用意されている。受け取り時には、同センターに到着した自動飛行ドローンが自動で荷物を切り離し、注文者が人を介さずに商品を受け取れるようにしている。決済手段としては、現金のほか、同センターに楽天グループの実店舗向けキャッシュレス決済サービス「楽天ペイ(実店舗決済)」を導入し、主要なクレジットカードおよび電子マネーによるキャッシュレス決済を利用できるようにしている。また、専用スマートフォンアプリから注文した場合は、同アプリ上で「楽天ペイ(オンライン決済)」による決済が可能だ。なお、本サービスは、対象となる間崎島の住民が、配送手数料500円(税込)で利用できる。

本サービス提供は、三重県が、誰もが住みたい場所に住み続けられる地方都市を目指し、国内外の企業からアイデアを募集して開発のサポートや実証・社会実装の支援などを行う「クリ“ミエ”イティブ実証サポート事業」の認定を受け、三重県の支援のもと実施している。2020年1月には、自動飛行ドローンによる間崎島への無人配送サービスの実証実験を行い、住民のニーズの調査や生活に合ったサービスモデルの構築、長距離配送を行う中での課題を検証した。今回、その結果を踏まえ、期間限定によるサービス提供を実現することができたという。今後は、自動飛行ドローンを活用した恒常的な配送サービス提供の実用化を目指していくとのことだ。

■概要

実施期間: 2021年1月6日(水)から1月22日(金)のうち11日間
場所: 「マックスバリュ鵜方店」(三重県志摩市阿児町鵜方4900)~「間崎島開発総合センター」(三重県志摩市志摩町和具4236)
サービス内容: 間崎島の住民を対象に、配送手数料500円(税込)で「マックスバリュ鵜方店」の商品を「間崎島開発総合センター」まで自動飛行ドローンを活用して配送
実施主体: 楽天株式会社(協力: マックスバリュ東海株式会社)

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。