Today's PICK UP

西武HD、スマートコインロッカーを使った駅配サービスを提供へ

株式会社西武ホールディングスは、株式会社そごう・西武、株式会社セントラルオペレーション、および株式会社SPACERと協業し、実証実験として、2021年2月8日より、オンラインで注文した西武池袋本店の人気スイーツ等の商品を、西武鉄道の駅構内に設置するスマートコインロッカーで気軽に受け取ることができる駅配サービス「BOPISTA(ボピスタ)」 の提供を開始すると発表した。
百貨店等の商業施設における対面での商品購入は、日常生活の一つの楽しみだが、コロナ禍においては新しい生活様式が求められ、密を避けた非対面によるモノやサービスの購買を求める声が高まっている。一方で、増加するECサイトの宅配では、在宅時に受け取れずに再配達となるケースが増加し、そのために余計にトラックが走行することで、年間で42万トンのCO2が排出され、9万人相当の労働力がロスしているとの試算があり、社会課題となっている。そのような中でBOPISTA(ボピスタ)は、オンラインで購入した商品をリアルな店舗で受け取る購買スタイルBOPIS(Buy Online, Pick-up In Store)の新しい形として、駅の立地を生かした駅配サービス(Buy Online, Pick-up In Station)だ。

駅構内の専用ロッカーを活用することで、自らの生活動線のついでに非対面でのスマートな商品受け取りが可能となり、バレンタインデーやホワイトデーといった繁忙期でもお店の混雑や閉店時間を気にせず買い物ができる。また、駅間の商品輸送は西武グループが鉄道を利用して行うことで、社会課題となっている物流における環境負荷の軽減に資する可能性を模索する。なお、スマートコインロッカーで受け取りができる商品・サービスの詳細は本年1月下旬頃に発表するという。

本取り組みは、新規事業を創造するための専門部署「西武ラボ」が主体となり、オープンイノベーションを通じて昨今の生活者の価値・行動変容を捉えた新規サービスの1つとして共創している事業だ。西武グループでは、コロナショックを乗り越えてアフターコロナの社会で顧客に良質なトータルサービスを提供すべく、同社グループが有するリアルな顧客接点とデジタルサービスを融合させたOMO(Online Merges with Offline)サービスの事業創造を、外部パートナーと共に行っていくとのことだ。
出典元:プレスリリース

■BOPISTA(ボピスタ)について

1.サービス概要
顧客は商品を専用ウェブサイトで注文。通勤帰りなど自分の好きなタイミングに、駅にある専用ロッカーで商品を受け取れる。お店の混雑や閉店時間を気にせずに、スマートに西武池袋本店の商品を購入できる。オンラインで購入した商品をリアルな店舗で受け取る購買スタイル「BOPIS(Buy Online Pick-up In Storeの略称)」に対して、「Store」を「Station(駅)」に置き換えた駅配のショッピングスタイルだ。

2.実施期間および利用時間
実施期間:実証実験として、2021年2月8日(月)から2021年3月31日(水) 【土日祝日を除く】
受取可能時間:最短3時間後から受け取り可能 【土日祝日を除く】
注文可能時間:平日24時間注文可能 【土日祝日を除く】
※但し、土日祝日の前日は17時まで、土日祝日の翌日は朝6時から注文可能

3.サービス提供駅(西武鉄道池袋線)
池袋駅、富士見台駅、所沢駅(いずれも改札外に設置予定)

4.購入可能商品
西武池袋本店のスイーツ(常温保存可能な焼き菓子等)、ギフト(化粧品、小物等)の一部商品
詳細は本年1月下旬頃に発表予定

5.利用料金
原則、商品代金に応じて利用料として100~500円を課金
実施期間中には、配達料割引キャンペーンを実施予定

6.各社の主な役割
西武ホールディングス
・駅ロッカーを活用した購買サービス「BOPISTA(ボピスタ)」の提供
・実証実験実施における駅ロッカー設置場所の提供(西武鉄道)
・実証実験における駅ロッカーへの商品搬入
そごう・西武
・取扱商品の提供協力
セントラルオペレーション
・実証実験に利用する駅ロッカーの提供
・駅ロッカーのオペレーションとメンテナンス
SPACER
・実証実験に利用するスマートコインロッカーシステムの提供

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。