Today's PICK UP

NEC通信システム、3Dセンサを活用しコンテナ内の積載容積率を可視化する技術を開発

NEC通信システムは、3Dセンサを活用しトラック等の荷物の積載容積率を可視化する技術を開発した。1台の3Dセンサで効率的にコンテナ内の積載容積率を可視化することができ、コンテナ内部のような暗部でも高精度な可視化を実現。2021年度中に本技術の製品化を目指すという。
人口減少社会に突入する中、物流業界は他の業界に比べ人手不足が特に深刻化している。さらにデジタル化の加速に伴いEC市場が拡大し、宅配便を中心に輸送量が急増しており、物流業界ではICTを活用した業務の効率化が喫緊の課題となっている。そこで、NEC通信システムでは、3Dセンサを活用した空間認識技術により、積載容積率を可視化する技術を開発。トラック等のコンテナ内の積載容積率を可視化することで、一台ごとの積載率を高め輸送効率の改善に貢献するとのことだ。
出典元:プレスリリース

■特長

1.1台の3Dセンサによる低コストでの可視化
1台のセンサで対象物の3D深度(距離)情報を取得することができ、低コストで積載容積率を可視化する。センサ位置についてもバース等に固定して設置するほか、倉庫内やトラック、航空機、船舶等のコンテナ内部に設置することが可能だ。
 
2.明るさに左右されない高精度な可視化
バース等に設置した3Dセンサによりトラックコンテナ内の積載量を容積率として可視化。3Dセンサを活用するため、トラックコンテナ内に十分な明るさがない場合でも、高精度に可視化する。

なお、同社は「第5回 スマート工場EXPO -IoT/AI/FAによる製造革新展-」ならびに「第13回 オートモーティブワールド」に本技術を出展する。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。