Today's PICK UP

NTTデータ・Snowflake・クリックテック・ジャパン、DXの取り組みやデジタルデータ活用で協業

株式会社NTTデータ、Snowflake株式会社(以下、スノーフレイク)、Qlik Technologies Incの日本法人クリックテック・ジャパン株式会社(以下、Qlik)は、スノーフレイクのクラウドデータプラットフォーム活用促進に向け協業し、QlikとSnowflakeを活用した「Snowflake×Qlikデジタルデータカップリングon A-gate」の提供を2021年1月13日より開始すると発表した。
本ソリューションは、社内外に散らばったさまざまなデータ(素データ)をリアルタイムに統合・蓄積し、加工・分析・可視化・配信までの一連のプロセスを管理できる。これにより、従来のデータ利活用と比べ、よりスピーディーかつ最適なコストでのサービス提供が可能となり、業務の自動化・効率化はもとより、迅速な意思決定による収益増加に寄与する。今後3社は、今回の協業を通じて本ソリューションを中心としたマーケティング・販売活動を共同で行っていく。また、本ソリューション関連ビジネスで2025年までに、売り上げを90億円規模に拡大することを目指すとのことだ。

■背景・目的

近年、企業でのDX推進やデータ利活用の取り組みが注目されている中で、ユーザーが求めるデータの粒度が細かく(明細単位)なり、かつリアルタイムでデータを処理することが求められている。NTTデータとSnowflakeは、2020年9月より資本提携を開始し、企業のデータ活用によるDX支援を進めてきた。今回3社は、国内外の顧客に対してDXの取り組み・デジタルデータ活用の促進を強力にサポートすることを目的に協業し、2021年1月13日より、本ソリューションを提供開始するとのことだ。また、NTTデータグループが提供するリアルタイムデータ連携HUB・分析プラットフォームサービスである“Qlik Managed Service on A-gate”と、Snowflakeをセキュアに接続し、安全・安心にクラウド上でDX推進・データ利活用を促進できるよう支援する。

■概要

本ソリューションは、企業の持つ膨大なデータ(素データ)をリアルタイムで、連携・蓄積・加工・分析・データ配信まで一元的に管理可能とする。Qlikが提供するデータ統合製品・データアナリティクス製品等と、スノーフレイクが有するクラウドデータプラットフォームとのセキュアな連携を通じて、AI・データ活用を起点にビジネスの成功を支援、あらゆる組織のデータドリブン対応を国内外で加速することを支援する。これまで企業はさまざまな制約により、大量データに自由にアクセス・利活用することができなかったが、本サービスを活用することにより、社内外に散らばったデータや大量データを蓄積・加工・分析可能となる。一つに集約したデータは、業務の自動化・効率化はもとより、迅速な意思決定による収益増加に寄与するという。
出典元:プレスリリース

人気の記事