Today's PICK UP

マネーフォワード、金融機関のDX支援のため銀行アプリのUI・UXデザインのコンサルティングを開始

株式会社マネーフォワードは、金融機関のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援すべく、銀行が顧客向けに提供するアプリのUI・UXデザインのコンサルティングを開始。第一弾として、静岡銀行が同行のインターネット支店の顧客向けに提供を開始した「しずぎんWebWalletアプリ」のUI・UXデザイン設計に参画したと発表した。
「しずぎんWebWalletアプリ」は、静岡銀行のインターネット支店で口座開設した個人顧客が、アプリで残高照会や振込などの取引ができるサービス。静岡銀行は、これまで「しずぎんWebWallet」をwebサービスとして提供してきたが、顧客の利便性向上を目的に、「しずぎんWebWallet」アプリ版を2020年12月1日より提供開始した。これにより、インターネット支店の口座を保有する個人顧客は、残高照会をはじめ、振込などの取引を、アプリ上で行うことが可能になる。同社は、本アプリのデザインにおいて、次世代の銀行体験の在り方に関するディスカッションをはじめ、ユーザビリティテストやユーザーインタビューを重ねることで、顧客ニーズに寄りそうUI・UXデザインの設計をサポートしたとのことだ。
出典元:プレスリリース

■背景

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、業務フローを見直し、ITを活用するなどデジタル化を進める企業が増えている。金融機関においても、顧客が来店せずに対応できるように、手続き業務や窓口業務のデジタル化ニーズが高まっている。これまで、同社は、通帳アプリ『デジタル通帳』や、法人用資金管理サービス『Business Financial Management』の提供をはじめ、銀行のwebサービスの開発を支援してきた。こうしたサービス作りのノウハウをもとに、金融機関のDX化を加速するため、デザイン分野でのコンサルティングや企画設計に特化した支援を開始したとのことだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。