Today's PICK UP

無印良品、家具のサブスクサービスを開始

無印良品を展開する株式会社良品計画は、くらしの基本となるベッド、デスク、チェア、収納用品など、無印良品の家具の月額定額サービスを、2021年1月15日より、日本国内182店舗にて開始すると発表した。

■購入ではなく利用という家具の選択肢を提供

無印良品は、地球や時代へしっかり気を配り、くらしの基本となる商品やサービスを通して生活を簡素に美しく整えることで、社会でいま起きている様々な課題の解決を目指しているという。新型コロナウイルスの影響などにより働き方が大きく変化している中で、自宅で心地良く働ける環境を整える需要に応えるために、2020年7月より約3か月間、無印良品とIDÉEの家具・インテリア用品を6種のセットで利用する月額定額サービスを期間限定で受け、好評だったという。その中で多くあった、「セットではなく単品でのサービスが欲しい」という意見を受け、2021年1月15日より、必要なモノを必要な「量」と「期間」、購入ではなく「利用」できる月額定額サービスを、家具単品を対象に新たに開始する。より多くの顧客が気軽に利用するため、案内店舗は昨年の7店舗から182店舗へと拡大。「買ってもよし、借りてもよし」という選択肢を用意することで、一人ひとりの顧客のくらしに合った家具の選び方を提案していくとのことだ。
出典元:プレスリリース

■くらしの基本となる家具の月額定額サービス

無印良品のベッド、デスク、チェア、収納家具など、汎用性の高い、シンプルであり、かつパーツ交換やメンテナンスの出来る商品を選定。大きな初期費用を支払うことなく、手頃な月額定額料金で利用できる。年単位の契約で、1年/2年/3年/4年のプランが用意されており、選んだプランの期間が満了した際には、「解約・返却」「契約延長」を選択するか、希望する顧客は買い取り料金を支払い、そのまま使うことも可能だ。

このサービスを活用することで、暮らしを変えるタイミングに家具の処分に悩むこともなく、廃棄物の削減にもつながるという。また、契約終了後に返却された家具については、廃棄はせず、循環させてゴミを減らす活動に繋げる。パーツ交換やメンテナンスを施し、改めて月額定額サービスに再利用、中古品として販売することなどを予定しているとのことだ。

<商品詳細>
出典元:プレスリリース
<利用期間>
1年単位の契約で、1年/2年/3年/4年のプランが用意されている。

<利用料金>
月額利用料+初回のみ配送料(有料の家具組み立てを希望の場合は、別途)

<サービス開始>
2021年1月15日(金)

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。