Today's PICK UP

三菱地所ら、丸の内をバーチャル上に再現した配信プラットフォーム「バーチャル丸の内」を始動

三菱地所株式会社とクラスター株式会社は、丸の内をバーチャル上に再現した配信プラットフォーム「バーチャル丸の内」を構築し、クラスター社が提供するアプリケーション「cluster」上で2021年2月21日より公開を開始すると発表した。
公開初日には、オープニングイベントとして「よしもと有楽町シアター」と共同で「バーチャル丸の内フェス」を①リアル・②バーチャルの両方で開催予定となっており、2021年1月21日11:00よりリアル会場用のチケット先行販売を開始する。※バーチャルは無料、事前申込不要。

本取り組みは、コロナ禍で実際にまちを訪れることができなくても、丸の内を身近に感じられる仕組みや空間を作ることで、新しいまちの在り方を提案・検証していくことを企図したもの。「バーチャル丸の内」では、丸の内ビル1階のイベントスペース「マルキューブ」を再現して映像配信が可能なイベントステージを設置し、イベント・カンファレンス等のライブ配信が可能だ。今後、さらなるデジタル空間の拡大・展開とともに、新しい生活様式の中でも人が集まり、体験を共有できる場所として活用する。

三菱地所は、本取り組みを通じてデジタル空間におけるまちの在り方やリアルなまちとの融合、新たな賑わいの形や出会い、コミュニケーション等が生まれるような新しいまちの在り方を検証し、まちのデジタルトランスフォーメーション(City DX)を推進する。クラスター社は、本取り組みを通じて、バーチャルで“集まる”体験を再定義し、全く新しいエンタメと熱狂体験を提供する。

■「バーチャル丸の内」について

「バーチャル丸の内」は、丸の内をバーチャル上に再現した配信プラットフォーム。ユーザーは世界中のどこからでもイベントに参加することが可能で、アバターを介してコメント機能のほかエモーション機能によりハートや拍手を送ったり、様々な色のペンライトを振ったりするなど反応や感情を伝えることでイベントをより楽しむことができる。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
<参加方法>
・PCあるいはスマートフォンから専用ページにアクセスし、アプリケーション「cluster」をダウンロード。
・TwitterやGoogleなどのアカウント連携で、画面の案内に従ってアカウント登録(無料)。
・「入室する」ボタンでアバターを介してイベントへ参加。

<基本操作>
①各種機能(グループビューイング、ホーム、設定、退室等)の呼び出し
②カメラ(イベント内で写真を撮ることができる)
③エモーション(ハートや拍手、色違いのペンライトなどイベント上で反応や感情を伝えることが可能)
④コメント一覧
⑤コメント入力欄(Twitterへの同時投稿ボタンはデスクトップ版のみ)
⑥移動用パッド(スマートフォン版のみ)
⑦ジャンプボタン
出典元:プレスリリース

■オープニングイベント開催概要

【開催日時】
2021年2月21日(日)13:00~19:10(予定)

【イベント名】
バーチャル丸の内フェス

【プログラム】
紅白に分かれて芸人たちが競い合い、リアル会場の参加者と「バーチャル丸の内」にいるアバターの参加者の投票によって、両チームの勝敗を決定。
・第1部 13:00~15:10 ネタ祭り①、歌うま芸人による歌謡ショー
・第2部 17:00~19:10 ネタ祭り②、ゲーム対決

【主催】
よしもと有楽町シアター

【協力】
三菱地所株式会社

【開催方法】
「よしもと有楽町シアター」でのライブを「バーチャル丸の内」上で生配信

【料金】
<「よしもと有楽町シアター」での観覧>
前売1,500円/当日2,000円/通し券2,500円 ※いずれも税込
※1月21日(木)11:00より閲覧可能。
先行販売:2021年1月21日(木)11:00~1月25日(月)11:00
一般販売:2021年2月02日(火)10:00~
※先行販売は第1部・第2部の通し券のみ。

<「バーチャル丸の内」からの観覧>
無料(事前申込不要)
出典元:プレスリリース

人気記事