Today's PICK UP

医療VR・デジタル治療VRのジョリーグッド、10億円の資金調達

株式会社ジョリーグッドは、第三者割当増資や資本性ローンなど合わせて計10億円の資金調達を行ったと発表した。本調達の第三者割当増資(シリーズC)は、ジャフコ グループ株式会社、アクシル・キャピタル・パートナーズ有限責任事業組合、いわぎん事業創造キャピタル株式会社が引受先となる。今回の調達により、ジョリーグッドの累計調達額は約22億円になった。
ジョリーグッドは、手術を術者目線で360度体験できるVR臨床教育プラットフォーム「オペクラウドVR」をはじめ、発達障害向けソーシャルスキルトレーニングVR「emou」、精神疾患向けのデジタル治療VRなど、VRとAIテクノロジーを本当に必要としている医療・障害者・精神疾患治療向けに開発、提供している。今回の調達により、これらのVRサービスをさらに多くの医療従事者やコロナ禍で心が弱っている人へいち早く届けるために、組織体制の拡充と事業スピードの加速を行なうという。
<引受先各社のコメント>

ジャフコ グループ株式会社 プリンシパル 松本 孝之氏
「コロナ禍は医療現場の非常事態を招き、医療従事者を目指す学生の医療教育が困難を極めております。また社会変化に伴い精神疾患は増加傾向にあります。時代の転換点・困難な環境化に、次世代テクノロジーが普及し、次の時代を担うメガベンチャーは出現しますが、ジョリーグッドのVR・AIテクノロジーは正にど真ん中を突き進んでいる、と確信しました。上路さん率いる素晴らしいチームと、極めて意義のある社会課題に挑戦できることが叶い大変ワクワクしており、全力でサポートして参ります。」

アクシル・キャピタル・パートナーズ有限責任事業組合 パートナー 五内川 拡史氏
「今回、弊社はシリーズBに続く追加投資となりました。前回はVRによる臨床教育効果の「可能性」に期待しての投資でしたが、今回は未曽有のコロナ禍が降りかかる中で、まさにジョリーグッド社がそのVR技術とサービスを高度かつ迅速に展開し医療・障害支援の現場の期待に応えている、という「実績」に感銘を覚えて、追加投資を決めました。更に、同社のVR技術はデジタル・セラピーという新分野をも射程に捉えつつあるので、今後、精神疾患領域における予防・治療・患者支援や心理療法の方法等にも、多大なインパクトを与えるものと期待しております。」

いわぎん事業創造キャピタル株式会社 代表取締役社長 稲垣 秀悦氏
「特定の医師や看護師などが持つ技術やノウハウを、それぞれの視点ごとに視覚化、形式知化させたジョリーグッド社のVRは、将来の医療水準の向上を加速させるものと確信しております。加えて、現在開発中のDTxが上市されることで、同社がさらに飛躍されますよう大いに期待しております。弊社は今回の投資を通じ、代表の上路さんの出身地である岩手との結びつきを強化できるよう努めて参ります。」

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。