Today's PICK UP

コロナ禍の安定した医療提供に向け、看護部長・看護師長向けVRコンテンツをNTTコムらが提供

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)と関東学院大学は、看護部長、看護師長が看護師に対する効果的なコミュニケーションを学ぶためのVRコンテンツを提供すると発表した。
本コンテンツの提供により、新型コロナウイルス感染拡大に伴い深刻化する看護師の心理的負担の原因を日々のコミュニケーションを通じて、これまで以上に効果的に汲み取り、改善に繋げ、安定した医療の提供に貢献するという。なお本コンテンツは日本VR医学会をはじめとした専門機関の協力をもとに制作したもの。また医療機関の運営支援事業をおこなう株式会社シーユーシー(以下、CUC)が主催する「看護部長研修会」に提供する。

■背景

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、看護師の心身的な負担増加が叫ばれている。政府の協力要請により看護師資格保有者を医療機関へ派遣するなど、看護師の人手不足緩和による身体的な負担軽減と同時に、悩み事や心配事を日々のコミュニケーションを通じて汲み取り、改善する心理的な負担軽減がこれまで以上に必要と言える。本コンテンツの提供により、看護師の心理的負担の原因をこれまで以上に効果的に汲み取ることが可能だという。心理的負担が軽減されることで、安定した医療の提供に貢献するとのことだ。

■概要

(1)本コンテンツの概要
本コンテンツでは、看護部長が看護師長と行う面談を事例とし、上司が部下に対して行う良い/悪いコミュニケーションを視聴することができる。受講者は視点の切り替えにより、看護部長と看護師長の2つの目線で面談を追体験することが可能だ。質問の仕方や話の聞き方など相手の悩み事や心配事を効果的に汲み取るために有効なコミュニケーションスキルが追体験により自然と身に付く。身に付けたスキルをもとに部下である看護師とコミュニケーションを取ることで、心理的負担の原因を見出し、それを改善することで、看護師の心理的な負担軽減が可能だという。VRを活用することで、主流である座学形式の研修に比べ、現実さながらのコミュニケーションを体感できるため、これまで以上に高い学習効果が期待できるとのことだ。

<本コンテンツのイメージ>
出典元:プレスリリース
(2)本研修の概要
本研修は、看護部長、看護師長のマネジメントスキル向上を目的とした管理者研修。その一環として、看護師の悩み事や心配事を効果的に汲み取るために有効なコミュニケーションスキルを本コンテンツで学習する。

(3)実施日
2021年1月23日

(4)受講者
CUCが運営支援する病院に勤務の看護部長

(5)会場
講師、受講者の勤務先(病院、大学)もしくは自宅を、オンライン接続して実施

■各社の役割

NTT Com:本コンテンツ制作のプロジェクトマネジメント、企画されたシナリオのVR化、VRシステムの設計・構築・運用
関東学院大学:本コンテンツのシナリオ企画、研修の実施手法設計、研修の実施調整
日本VR医学会:本コンテンツのシナリオ企画協力
CUC:本研修の主催

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。