Today's PICK UP

テモナ社とデジタルシフト社が業務提携 サブスク事業化からサービスイン後の運用サポートまでを一気通貫で支援へ

企業のデジタルシフトを支援する株式会社デジタルシフトは、デジタルシフト支援事業をより強化するため、サブスクリプションビジネス支援サービスを提供するテモナ株式会社と業務提携をすると発表した。
現在、デジタルシフトの一つの手段として、サブスクリプション事業を検討、および開始したいという企業は多くあるという。今回の二社の業務提携により、新たな事業モデルの導入や転換が必要な企業に対し、サブスクリプション事業の導入を積極的に提案し、市場調査、SWOT分析、事業計画立案等の事業戦略コンサルティングからサービスイン後の運用サポートまでを一気通貫で支援する。

■業務提携の背景

2019年度のサブスクリプション(定額)サービス国内市場規模は、6,835億2,900万円である一方で、2024年度のサブスクリプション(定額)サービス国内市場規模は、1兆2,117億円と予測されている。この拡大する市場予測を背景に、事業のサブスクリプション化への需要が高まる一方で、「どこからはじめてよいかわからない」といった企画や戦略立案の段階で困る声が多数寄せられているという。サブスクリプションサービスの多くが、デジタルコンテンツの配信やEC・e-ラーニングの導入といったデジタルを中心としたサービス展開から普及してきたため、デジタルシフトの第一歩と考える企業が多いようだ。その声に応える為、アカウント実績1,200以上を誇るサブスクリプション特化型のクラウドシステム「サブスクストア」の提供をはじめサブスクリプション事業支援サービスで多数の実績を持つテモナ社と共に、デジタルシフトの事業コンサルティングで培った経験を活かし、企業のサブスクリプション事業を導入期から強力にバックアップできる体制を整えたとのことだ。

■業務提携内容

テモナ社は、サブスクリプションという言葉が未だ日本に浸透していない黎明期から約10年間、サブスクリプション型ビジネスの運営企業をサポートしてきた実績を持ち、現在、サブスクリプション事業とECに特化したサービスを提供している。デジタルシフト社は、デジタルホールディングスグループのデジタルシフトにおけるノウハウを集結し、昨年の設立以降、その必要性を認識するものの、何から手をつければよいかがわからないといった企業のデジタルシフト実現を強力に後押ししているという。

両社の提携により、サブスク事業を成功させるための戦略立案から、成果を生み出すための実行支援まで、KPI実現を重視したサポートをする。事業コンサルティングとサブスクリプションのインフラ提供企業が提携することで、市場調査、事業計画立案、システム設計・導入サポート、運営設計、実施まで一気通貫したサービス提供が可能となるとのことだ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。