Today's PICK UP

博報堂、XR技術を活用したグループ横断プロジェクトを始動

株式会社博報堂と株式会社博報堂D Yメディアパートナーズは、株式会社博報堂プロダクツをはじめとする博報堂DYグループ各社とともに、多角的な視野でXRを捉え、生活者の新たな体験価値の創出と、企業と生活者の新たな関係構築を次世代型マーケティングサービス/ソリューションで実現を目指す、博報堂DYグループ横断プロジェクト「hakuhodo-XR」を立ち上げたと発表した。
昨今の5Gの普及に伴い、マーケティングにおけるXR活用領域は大幅に拡張しており、これにより生活者の体験が大きく変わろうとしている。また、デジタル化で生活者とあらゆるモノが常時・双方向につながり、その接点に新しいサービスや体験が生まれていく「生活者インターフェース市場」において、XRを活用することで生活者の体験がアップデートされていくことが予想される。

博報堂は、2016年よりグループ会社とともにVR・AR専門ファクトリー「hakuhodo-VRAR」の活動を通じ、XR領域のクリエイティブやソリューション開発を行ない、数多くの業務実績を生み出してきた。この「hakuhodo-VRAR」の活動領域を拡張し、メディアやコンテンツホルダーと強固なパートナーシップを持つ博報堂DYメディアパートナーズとともに、博報堂DYグループ各社(博報堂DYホールディングス、博報堂プロダクツほか)による横断プロジェクト「hakuhodo-XR」として活動をスタートしたとのことだ。

これまで注力してきたクリエイティブ領域はもちろん、XR活用による新たな顧客サービスやコンテンツビジネスの拡張など、多角的な視野でXRを捉え、これまでにない生活者の新たなブランド体験・買い物体験・コンテンツ体験などの体験価値の創出と、企業と生活者の新たな関係構築を次世代型マーケティングサービス/ソリューションで実現するという。

hakuhodo-XRは、下記3つの次世代型マーケティングサービス/ソリューション領域に注力するとともに、XR-studio活動を行う。
出典元:プレスリリース
1.XR One to One Service
ショップやショールームでの接客対応、コールセンターや店頭カウンセリング、対面レッスンなどの「対面型コミュニケーション」をXRで進化。単なる音声通話やチャット、ビデオ通話ではない新しいサービス体験を創る。

2.XR Brand & Life Experience
カンファレンスや展示会、イベント、新商品PR発表会、新サービス開発など、企業やブランドとのtoB,toC接点における体験設計全般にXR技術を導入することで、新しいブランドコミュニケーション体験を創る。

3.XR Entertainment & Sports Experience
音楽イベント、スポーツ観戦、ゲーム実況などのライブ・エンタテインメント体験分野、テレビなどの番組コンテンツ制作分野においてXR技術を活用した新しいライブ体験システムやプラットフォーム開発を通じ、新しいライブ・コンテンツ体験を創り出す。

4. hakuhodo-XR Studio
XR技術や有識者、プレイヤーなどに関する広範なXR領域のナレッジ蓄積と注力領域やテーマに基づくソリューション開発、継続的な情報発信を行う。

人気記事