Today's PICK UP

AIが市販食品の健康への影響を判定するスコアサービスがリリース

株式会社シグナルトークは、コロナ禍の中、自宅で健康的な食品を買いたい人向けに、食品のバーコードや原材料名から、それぞれの食品の健康への影響をAIが数値化してリスト化し、指標を基に食品を購入する新しい価値を提供するサービス「FoodScore(フードスコア)」を2021年2月4日から開始すると発表した。
出典元:プレスリリース
商品には健康への影響をAからEの5段階の「健康度」という独自指標でAIが判定し、投稿による美味しさの評価や口コミが表示される。Amazon、Yahoo!ショッピング、楽天での購入や検索のリンクもあるため簡単に購入が出来る。商品の検索はもちろん購入したいサイトでの絞り込みもでき、気になった商品は原材料名などを見ながらブックマークもできるため、無添加商品などを短時間で探せる。投稿や感想を重ねていくとユーザーレベルが上がる。

■健康度判定の仕組み

出典元:プレスリリース
AIの健康度判定の基になっているデータは、6年以上のヘルスケア事業で培った約7,000人の食生活や疾患のデータや、添加物の摂取と症状の関連のデータ、そして、米FDAやWHO、EUが発表している添加物の人体への影響のデータ、日本の消費者庁や厚生労働省の添加物データ、さらに添加物専門家の書籍情報などだ。これらを基にAIによるディープラーニングを行い、食品の原材料名に含まれる添加物と症状の関連リスクを計算し、好影響を加点方式で、悪影響を減点方式で評価したものが「健康度」とのことだ。

人気記事