Today's PICK UP

茨城県、少子化対策にAIを活用した結婚支援システムを導入へ

タメニー株式会社は、茨城県へ地方自治体向け結婚支援システム「parms」(パームス)を提供すると発表した。本システムは、「いばらき出会いサポートセンター」において、 2021年3月1日より事前登録が開始される予定だという。

■茨城県の婚活をサポート

現在、各地方自治体においては、「少子化社会対策大綱」(2020年5月29日に第4次の閣議決定)、及び「ニッポン一億総活躍プラン」(2016年6月2日閣議決定)に基づき、実効性のある少子化対策として結婚に向けた活動支援や結婚に伴う新生活支援など先進的な取り組みを進めている。また2020年12月には、内閣府がAIやビッグデータを活用した自治体の婚活事業を支援する方針を打ち出した。

こうしたなか、茨城県は、今年度よりマッチングシステムを用いた新たな結婚支援策を開始するにあたり、同社独自開発AIを活用した結婚支援システム「parms」の導入を決定。本システムは、「いばらき出会いサポートセンター」において2021年3月1日より事前登録が開始される予定だ。

なお、導入決定に際し、茨城県保健福祉部子ども政策局少子化対策課の担当者は、「今話題のAIマッチング機能を搭載し、スマートフォンにも対応したシステムなので、若い世代の方にも気軽に『いばらき出会いサポートセンター』を利用していただけるようになると考えています。このシステム導入を契機に、相談体制や婚活セミナーなども充実させて、茨城での素敵な出会いを全力でサポートしていきます」とコメントしている。

人気記事