Today's PICK UP

ドイツ発、SNS・メールアドレス・携帯番号などを一括でシェアするデジタルカードサービスが日本進出

ドイツのTAAG SOLUTIONS UG (以下、TSU) は、ネクストチャプター株式会社と、TSUが製造販売するニューノーマル時代のデジタルカード『My Taag』の日本及びAPACにおける独占販売契約を締結し、同市場への進出を発表した。また、『My Taag』の日本ローンチに先駆け、CAMPFIREでプレミアムオーダーを開始した。
『MyTaag』は、LINE、Twitter、Facebook、Instagram、TikTokなどのSNS情報を始め、eメール、携帯電話番号、アクセス地図などを、スマホにかざすか、QRコードを読み取るだけで、一瞬一括でまとめてシェアすることができる「ニューノーマル時代」のオンオフに最適なドイツ産まれのデジタルカード。今回、初めての海外進出先を日本と定め、この『MyTaag』 の展開を始めるにあたり、CAMPFIREでプレミアムオーダーを開始した。『MyTaag』を利用するには、自分専用の『Taag』か『Taag Card』があれば、スマホを持っていれば誰でも、情報を安全に一瞬で転送できるとのことだ。
出典元:プレスリリース
NFCチップが内蔵されているスマホはもちろん、NFCチップが内蔵されていないスマホでも、専用QRコードをスキャンするだけで、全く同じ情報を受け取ることができる。『Taag』と『Taag Card』には、SUICAやPASMOに代表されるスマートカードで使われているNFC(近距離無線通信)のチップが内蔵されており、自分の渡したい情報だけを登録しておける。『Taag』は、スマホの背面に貼付しておくだけで良い。『Taag Card』は、名刺の代わりにこの一枚を携帯しておけば良いという。部署異動情報やアカウント登録情報などを自分がアップデートしておけば、自動的に先方の手元データもアップデートされるので、その都度新しい名刺を作るなどの手間とコストから開放されるとのことだ。
出典元:プレスリリース
『Taag』か『Taag Card』を入手したら、まずは”Sign In”。そして、”Welcome Page”に自分がシェアしたい連絡先の情報やSNSの情報を登録。これで準備が完了する。
出典元:プレスリリース
あとは、スマホかカードをかざすか、カードのQRコードを読み取るだけで、一瞬一括で、メアドも電話番号も、LINE、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSもまとめてシェアできる。

人気記事