Today's PICK UP

テラドローン、総額15.1億円の資金調達を実施 既存の点検・測量領域の顧客基盤の拡大、ドローン運航管理技術の更なる開発に取り組み、業界全体の業務改善・コスト削減を目指す

テラドローン株式会社は、国際石油開発帝石株式会社、並びにナントCVC2号投資事業有限責任組合(無限責任組合員:株式会社ベンチャーラボインベストメント及び南都銀行100%子会社の南都キャピタルパートナーズ株式会社)を引受先とする第三者割当増資、及び複数の金融機関等からの融資により総額15.1億円の資金調達を実施したと発表した。
昨今働き方改革の推進や新型コロナウイルスの流行に伴って、各業界で業務形態・コスト環境の改善が必須とされている。テラドローンはこれまで、ドローンソリューションを通じて建設・電力・エネルギー業界を中心にDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進してきた。昨年には、世界的なドローン市場調査機関のDrone Industry Insightsによる「ドローンサービス企業 世界ランキング2020」において、産業用ドローンサービス企業部門の世界1位に選出。また、コロナ禍の影響を受けた2020年度においても、テラドローンは増収増益を達成、海外法人含めた連結ベースでは約20億円の売上となる見込みだという。

今回調達した資金をもとに、既存の点検・測量領域における顧客基盤の拡大、ドローン運航管理技術の更なる開発に取り組み、業界全体の業務改善・コスト削減に貢献するとのことだ。
出典元:プレスリリース

■各サービス概要

点検分野においては、グループ会社であるTerra Inspectioneeringが独自開発した、超音波検査機能搭載のUTドローンの国内での導入も本格化させる。UTドローンは、プラント内における貯蔵タンクや煙突、電力施設のボイラー、焼却炉の点検に活用可能だ。

測量分野においては、従来の約3分の1の導入価格を実現した「Terra Lidar」を活用し、各顧客に適したソリューションを提供する。また、計測したデータを一括解析し、解析時間を大幅短縮するSaaS事業「Terra Lidar Cloud」のさらなる充実を図る。

運航管理分野においては、昨年開催された「小型無人機に係る環境整備に向けた官民協議会(第14回)」での「空の産業革命に向けたロードマップ2020」において、2022年度までにレベル4(有人地帯での目視外飛行)の実現が掲げられている。ドローンの社会実装が進展する中、空の産業革命を見据え、複数台ドローンの安心安全な自律運転を可能とするプラットフォーム技術、UTM(ドローン運航管理システム)の開発を更に拡充する。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。