Today's PICK UP

アフラックとJAXA、宇宙飛行士の遠隔での健康管理等を地上のヘルスケア領域に転用し「次世代ヘルスケアサービス」創出の実現を目指す取り組みに合意

アフラック生命保険株式会社は、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)と宇宙及び地上におけるヘルスケア領域の課題を解決する「次世代ヘルスケアサービス」創出の実現に向けた取組みの検討をしていくことに合意したと発表した。
同社とJAXAは、相互に協力して、JAXAが有する宇宙飛行士の健康管理に関するノウハウを地上に転用することでヘルスケア領域の課題を解決する「次世代ヘルスケアサービス」の創出を目指し、実現性の検討を行う。また、同社は、JAXAによる宇宙飛行士の健康管理に関する新たな技術開発や運用改善についても、技術・ノウハウを有する企業と連携する等の協力を含め、検討を行っていく。そして、そこで生み出されたデータやICT等の技術革新を、遠隔状態での健康管理等地上のヘルスケア領域に転用することで、「次世代ヘルスケアサービス」の創出を目指し、実現性の検討を行うとのことだ。

同社は、社会との共有価値を創造するCSV経営を通して持続的な成長を目指しており、「生きるための保険」と親和性のあるヘルスケア領域において、企業間・組織間の垣根を超えた業種横断型の新しいイノベーションの創出に取り組んでいる。とくに昨年、学術機関・自治体等と中長期的な視点に基づく共同研究や実証実験、さらには社会実装に取り組む組織として「共同研究推進室」を新設し、多様な機関とのさまざまな研究・協業を進めている。

また、JAXAでは、宇宙飛行士の健康を守ることを目的とした事業として、「宇宙飛行士健康管理運用」と「宇宙医学研究開発」の2つを柱に取り組んでおり、そのなかで、将来の有人宇宙活動に向けた宇宙医学や健康管理技術の研究開発について、国内の民間企業等と連携した取組みを始めている。

こうしたなか、両者の強みを活かして連携することで、宇宙及び地上でのヘルスケア領域でのイノベーションの創出につながると考え、「次世代ヘルスケアサービス」創出の実現に向けて相互に連携しつつ、取組みの検討を進めることに合意したとのことだ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。