Today's PICK UP

エネルギーの未来をわかりやすく伝えるオウンドメディア「グリラボ」が開設

株式会社アイ・グリッド・ソリューションズ(以下、アイグリッド)は、2021年2月15日に、エネルギーや環境保護活動などわかりやすく知ってもらうための情報を発信するメディア「グリラボ」を開設すると発表した。

■オウンドメディア「グリラボ」とは

「グリラボ」は、地球と社会と人の未来をつなぐことをテーマに、エネルギーの未来について研究し発信するメディア。再生可能エネルギーという言葉も聞いたことはあるけれども、よくわからない、環境にはよいとわかっていても高いのでは?というようなイメージを持つ人に向けて、ビジネス、テクノロジー、カルチャーなど多様な領域を切り口に、ニュースやトレンドと関連させながらエネルギーの情報をわかりやすく届ける。

2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロとするという政府の発表を受け「脱炭素」という言葉をよく耳にするようになった。環境への意識も高まり、私たち一人ひとりが何かしなければならないという意識は持ちつつも何から始めればいいのかわからないという人も多いという。アイグリッドでは、さまざまなエネルギー事業を展開し、分散電源とデジタルを活用して脱炭素社会に貢献することを目指している。2021年1月21日には新ブランド「スマ電CO2ゼロ」の販売を開始し、一般の家庭にも再生可能エネルギーの提供をしている。電気は私たちの生活の中で、ごく当たり前に使っているがあまり、電気に対して意識をしていないのが現状だだという。この身近な電気だが、脱炭素への取り組みにとても重要な役割を持っていることを伝えたいと思い「グリラボ」の開設へと至ったとのことだ。

■記事コンテンツについて

コンテンツでは、アイグリッドの知識豊富なスタッフによる記事や独自取材に基づいた内容を発信する。様々なジャンルでの記事を定期的に配信していく予定だという。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。