Today's PICK UP

外出困難者が分身ロボットで働く「分身ロボットカフェ」が東京・日本橋エリアで開業へ

分身ロボット「OriHime」(オリヒメ)の開発、提供を手掛ける株式会社オリィ研究所は、難病や重度障害などの理由で外出困難な人が分身ロボットを操作して接客を行う「分身ロボットカフェDAWN ver.β」を2021年6月、日本橋エリアで開業すると発表した。
【分身ロボットカフェ DAWN ver.β 常設実験店 店舗概要】
名称:「分身ロボットカフェDAWN ver.β」
場所:東京都中央区 日本橋エリア(詳細については後日発表予定)
オープン時期  :2021年6月(予定)

■「分身ロボットカフェDAWN ver.β 」とは

「人類の孤独を解消する」をミッションに掲げる株式会社オリィ研究所が主宰する実験カフェ。重度肢体障害者・難病患者、海外在住者など外出・移動が困難な人々が、分身ロボット「OriHime」 「OriHime-D」を遠隔操作し、オーダーや配膳、利用者との会話など接客を行う。この取り組みにより就労を諦めていた人たちが社会と繋がり、働ける方法を開拓している。通常のカフェと異なりロボットの研究開発室が併設され、利用者からのアンケートやパイロット達の声を反映してOriHimeの機能や接客フローそのものを随時変化していく事が特徴だという。2018年から現在までに4回の短期開催実績があり、のべ5,000人が来場している。

OriHimeパイロットとして働くのはALSをはじめ難病や重度の障害、様々な事情で今まで労働することができなかった人々。身体が動かなくても分身ロボットを活用することで自宅に居ながらにして社会に参加し、人と出会い、働くことができるという新しい働き方と、その為のテクノロジーを社会に提唱してきた。

実際に「分身ロボットカフェ」でトレーニングを積んだOriHimeパイロットが企業へと就労する事例が多く生まれたことから、オリィ研究所では2020年7月に分身ロボットを使ったテレワークのための人材紹介サービス「AVATAR GUILD(アバターギルド)」を開始。障害者法定雇用率を遵守したいと考える企業や、肢体障害者の雇用先に悩む地方自治体からの問い合わせが増え、「分身ロボットを活用したテレワーク」という新たな社会参加の形が根付き始めているとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。