Today's PICK UP

外出困難者が分身ロボットで働く「分身ロボットカフェ」が東京・日本橋エリアで開業へ

分身ロボット「OriHime」(オリヒメ)の開発、提供を手掛ける株式会社オリィ研究所は、難病や重度障害などの理由で外出困難な人が分身ロボットを操作して接客を行う「分身ロボットカフェDAWN ver.β」を2021年6月、日本橋エリアで開業すると発表した。
【分身ロボットカフェ DAWN ver.β 常設実験店 店舗概要】
名称:「分身ロボットカフェDAWN ver.β」
場所:東京都中央区 日本橋エリア(詳細については後日発表予定)
オープン時期  :2021年6月(予定)

■「分身ロボットカフェDAWN ver.β 」とは

「人類の孤独を解消する」をミッションに掲げる株式会社オリィ研究所が主宰する実験カフェ。重度肢体障害者・難病患者、海外在住者など外出・移動が困難な人々が、分身ロボット「OriHime」 「OriHime-D」を遠隔操作し、オーダーや配膳、利用者との会話など接客を行う。この取り組みにより就労を諦めていた人たちが社会と繋がり、働ける方法を開拓している。通常のカフェと異なりロボットの研究開発室が併設され、利用者からのアンケートやパイロット達の声を反映してOriHimeの機能や接客フローそのものを随時変化していく事が特徴だという。2018年から現在までに4回の短期開催実績があり、のべ5,000人が来場している。

OriHimeパイロットとして働くのはALSをはじめ難病や重度の障害、様々な事情で今まで労働することができなかった人々。身体が動かなくても分身ロボットを活用することで自宅に居ながらにして社会に参加し、人と出会い、働くことができるという新しい働き方と、その為のテクノロジーを社会に提唱してきた。

実際に「分身ロボットカフェ」でトレーニングを積んだOriHimeパイロットが企業へと就労する事例が多く生まれたことから、オリィ研究所では2020年7月に分身ロボットを使ったテレワークのための人材紹介サービス「AVATAR GUILD(アバターギルド)」を開始。障害者法定雇用率を遵守したいと考える企業や、肢体障害者の雇用先に悩む地方自治体からの問い合わせが増え、「分身ロボットを活用したテレワーク」という新たな社会参加の形が根付き始めているとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。