Today's PICK UP

ビデオリサーチ、デジタルクローン手法を活用した「リサーチ4.0」の開発を開始

株式会社ビデオリサーチは「P.A.I.(パーソナル人工知能)」の開発を進める株式会社オルツと2021年1月にパートナーシップを締結しましたと発表した。これにより、『リサーチ4.0』※1の研究開発を目指す。
ビデオリサーチは、新たな技術によるマーケティングやリサーチ方法の開発を『リサーチ4.0』と位置づけ、研究を開始。今回、様々なAIソリューションの開発を通して企業の課題解決に挑むオルツとパートナーシップを締結することにより、『リサーチ4.0』の開発をさらに加速するという。今回開発を進める『リサーチ4.0』は、従来のリアルモニターに加え、新たに5,000万~1億人のテレビとACR/ex情報を兼ね備えたデジタルモニターへの調査が可能となる。また、クローンDMPを活用することによって仮説検証の実施も可能となり、時間とコストの削減が見込まれる。個人情報保護が厳格化されているなか、個人情報を保有しないデジタルクローンの活用が期待されるとのことだ。

昨今のマーケティング領域は、センシング技術やデータ通信技術の飛躍的な進歩により、実数ログを利用した生活者の情報を示そうとするDMPなどが加速している。一方で、個人情報の保護が重要な責務となり、従来のリサーチ手法では様々な許諾が必須となる課題もあった。今回のパートナーシップの締結により、オルツが保有する個人の価値観をデジタル上で再構築するパーソナルAI「デジタルクローン」に、ビデオリサーチの様々なリサーチデータとその分析ノウハウをインプットすることで、従来の調査手法における課題を解決することが可能となり、既存の技術とは全く異なる次世代型の「リサーチ技術」の実働を目指し開発を進める。

<デジタルクローン活用のイメージ図>
出典元:プレスリリース
※1. リサーチ4.0
AIによるデジタルクローンに代表される、新たな技術による次世代型のマーケティング技術、リサーチ技術。同社では、「リサーチ1.0」=「人的対面調査」、「リサーチ2.0」=「PCインターネット調査」、「リサーチ3.0」=「ログ、センシングデータ」と位置付けているという。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。