Today's PICK UP

ビデオリサーチ、デジタルクローン手法を活用した「リサーチ4.0」の開発を開始

株式会社ビデオリサーチは「P.A.I.(パーソナル人工知能)」の開発を進める株式会社オルツと2021年1月にパートナーシップを締結しましたと発表した。これにより、『リサーチ4.0』※1の研究開発を目指す。
ビデオリサーチは、新たな技術によるマーケティングやリサーチ方法の開発を『リサーチ4.0』と位置づけ、研究を開始。今回、様々なAIソリューションの開発を通して企業の課題解決に挑むオルツとパートナーシップを締結することにより、『リサーチ4.0』の開発をさらに加速するという。今回開発を進める『リサーチ4.0』は、従来のリアルモニターに加え、新たに5,000万~1億人のテレビとACR/ex情報を兼ね備えたデジタルモニターへの調査が可能となる。また、クローンDMPを活用することによって仮説検証の実施も可能となり、時間とコストの削減が見込まれる。個人情報保護が厳格化されているなか、個人情報を保有しないデジタルクローンの活用が期待されるとのことだ。

昨今のマーケティング領域は、センシング技術やデータ通信技術の飛躍的な進歩により、実数ログを利用した生活者の情報を示そうとするDMPなどが加速している。一方で、個人情報の保護が重要な責務となり、従来のリサーチ手法では様々な許諾が必須となる課題もあった。今回のパートナーシップの締結により、オルツが保有する個人の価値観をデジタル上で再構築するパーソナルAI「デジタルクローン」に、ビデオリサーチの様々なリサーチデータとその分析ノウハウをインプットすることで、従来の調査手法における課題を解決することが可能となり、既存の技術とは全く異なる次世代型の「リサーチ技術」の実働を目指し開発を進める。

<デジタルクローン活用のイメージ図>
出典元:プレスリリース
※1. リサーチ4.0
AIによるデジタルクローンに代表される、新たな技術による次世代型のマーケティング技術、リサーチ技術。同社では、「リサーチ1.0」=「人的対面調査」、「リサーチ2.0」=「PCインターネット調査」、「リサーチ3.0」=「ログ、センシングデータ」と位置付けているという。

人気記事