Today's PICK UP

ノーコードでデジタルチケットが作成可能な、地域交通に特化したモビリティプラットフォームが正式リリース

RYDE株式会社は、鉄道、バス、路面電車、旅客船などの様々な乗車券を、簡単かつ持続可能にデジタル化できるモビリティプラットフォーム「RYDE PASS」を2021年2月22日より正式にリリースしたと発表した。
RYDE PASS は、鉄道、バス、路面電車、旅客船などの様々な乗車券を、簡単かつ持続可能にデジタル化できるモビリティプラットフォーム。現在は豊橋鉄道その他複数の地域で、本サービスを通じた乗車券の販売と利用を実現している。

■RYDE PASSで実現できること

1.RYDE PASSを用いた乗車券のデジタル化は、”システム開発” が不要。よって、初期費用や保守費用は一切かからない。画像と文章があれば、誰でも簡単に、”ノーコード” でデジタルチケットが作成できる。

2.「乗車券をデジタル化した」だけでは、新しい売上にはつながらないが、RYDE PASSは “デジタル化” したからこそ実現できる顧客分析やマーケティング活動等、新しい売上につながる可能性を持った、新たな一歩を踏み出せる環境を提供するという。

3.乗車券のみならず、「乗車券 + 食事、土産物、体験etc」といった企画商品の販売にも近日中に対応予定。また、その先にGOTOトラベルや複数の交通事業者や自治体で連携したキャンペーン施策を実践できるよう順次アップデートしていく予定とのことだ。

■RYDE PASSサービス概要

RYDE PASSの使い方はシンプルで、①地図上から対象地域を選び、その地域で使える乗車券を選択し購入。②購入したチケットの「利用開始ボタン」を押し、乗務員に動画のチケット画面を見せるだけで、交通機関を利用できる。
出典元:プレスリリース

人気記事